過去30年の「人気車」が一目でわかる! “17年連続1位”だったのは?


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

過去30年のうち、17年連続で1位に輝いた「人気車」は……? [拡大する]

過去30年のうち、17年連続で1位に輝いた「人気車」は……?

 ソニー損害保険は30日、自社のWebサイトで『人気乗用車販売台数ランキング』を公開した。同サイトは、インフォグラフィックを利用したもので、1985年から2014年までの過去30年間における販売台数の多い車種をランキング形式で紹介している。

 また、自分の好きな車を選んで、それぞれの販売台数、ランキングの推移、販売シェアなどを比較することも可能。メーカーは、トヨタ、日産、マツダ、ホンダ、スバル、三菱、スズキの7社で、選べる車種は80以上にも及ぶ。

■17年連続で販売台数1位だったのは?

 ランキングを実際に見てみると、85年から01年までの17年に渡り、トヨタの「カローラ」が1位に輝いている。

 「カローラ」が最も売れたのは90年で、その台数は30万8台。同時生産されていたのは、“クラスを超えた世界のハイクオリティーカー”をテーマに開発された6代目だ。同社によると、エンジンはFFに1本化され、低燃費と高出力を実現し、乗り心地や静粛性から“ミニクラウン”とも呼ばれていたという。

 「カローラ」が首位から陥落したのは、02年。前年に発売されたホンダの「フィット」がその座を奪った。03年には「カローラ」が首位に返り咲き、07年までトップをキープしたが、翌年にはまたしても「フィット」に1位を明け渡す形となっている。

■現在の人気車は…

 両車の7年間に及ぶバトルに終止符を打ったのは、ハイブリッドカー。09年から12年までの4年間でトヨタの「プリウス」が1位に。13年からは同じくトヨタの「アクア」がその座を奪い、2年連続で1位となっている。

 同サイトは、日本自動車販売協会連合会のデータをもとに構成。軽自動車及び海外ブランドは除かれている。ブランド通称名は国産メーカーの同一車名を合算したもので、海外生産車を含む。

ソニー損害保険『人気乗用車販売台数ランキング』(http://www.sonysonpo.co.jp/infographic/ifga_car_ranking.html)

>> 車を買ったらチェック! 満足度の高い【自動車保険】ランキング

>> 【車購入時に確認】保険料に4倍の差がある「型式別料率クラス」

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。