自動車保険料に4倍の差! 車購入時に要確認の「型式別料率クラス」

保険料算定の際、必要となる「型式別料率クラス」。車購入時はディーラーに確認しておこう [拡大する]

保険料算定の際、必要となる「型式別料率クラス」。車購入時はディーラーに確認しておこう

 自家用の普通乗用車と小型乗用車の保険料算定の際、必要となる項目に「型式別料率クラス」というものがある。これは、対人賠償、対物賠償、搭乗者・人身傷害、車両保険において、車の型式ごとに9段階の事故リスクを設定したものだ。どの程度保険料に反映させるかは保険会社によって異なるが、事故リスクが最小のクラス1と最大の9では約4倍の差があるため、車購入時に確認しておきたいポイントのひとつといえるだろう。

 形式別料率クラスは、損害保険料率算出機構が保険会社から集めた情報を元に算出。直近の事故発生状況を反映する必要があるため、1年ごとに見直される。前年に事故が多かった形式ほどクラスが上がり、逆に事故件数が減っていればクラスが下がる。流通している車の台数が規定数に満たない場合は、前年のクラスを据え置かれる。このため、マイナーな車はクラスの変動が少なく、人気の車ほどクラスが変わる可能性が高い。

 車によっては、「対人賠償の料率クラスは高いが、車両保険のクラスは低い」など、保険の種類ごとに異なる場合もある。購入する車の候補が複数ある場合は、ディーラーに確認してみると良いだろう。

>>Check! 実際に保険を使ったドライバーの”満足度”
<ベスト19>オリコン自動車保険・総合ランキング

>>保険商品の内容がわかりやすい自動車保険会社は?
【2015年度版】商品内容のわかりやすさランキング

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。