ダイレクト自動車保険9社14年度成績、元受正味保険料7社が増

ダイレクト自動車保険9社のうち、7社で元受正味保険料などが前年度実績を上回った(写真はイメージ) [拡大する]

ダイレクト自動車保険9社のうち、7社で元受正味保険料などが前年度実績を上回った(写真はイメージ)

 6月末までに発表されたダイレクト自動車保険9社(ソニー損保、アクサ損保、チューリッヒ保険、三井ダイレクト損保、SBI損保、セゾン自動車火災、イーデザイン損保、そんぽ24、アメリカンホーム)の2014年度(14年4月1日〜15年3月31日)業績によると、7社で元受正味保険料などが前年度実績を上回った。9社の元受正味保険料などの合計は2820億円となった。国内で事業を展開する損保会社の14年度の自動車保険元受正味保険料は約4兆円となっており、ダイレクト自動車保険のシェアは約7%となった。

 ソニー損保は自動車保険の元受正味保険料が前年度比3.6%増の815億円と堅調に推移した。保有契約件数は自動車保険とガン重点医療保険を合わせて15年3月末で170万件となった。15年7月に熊本コンタクトセンターの業務を開始し、コンタクトセンターを3拠点体制とする。これによって、人材の安定的な確保を図り、大規模災害が発生した場合でも顧客に迅速で確実にサービスを提供する体制を強固にする。

 アクサ損保の自動車保険の元受正味保険料は同8.4%増の442億円と好調に推移している。「アクサダイレクト総合自動車保険」(自動車保険・バイク保険)の保有契約件数は15年3月末時点で102万件となった。

 チューリッヒ保険は自動車保険の元受正味保険料が同7.1%増の353億円となった。成長戦略が順調に前進しており、自動車保険、傷害保険を中心として保有契約件数が増加している。

 増減率が2桁の伸びを示したのは、SBI損保、セゾン自動車火災、イーデザイン損保の3社。SBI損保は自動車保険の元受収入保険料が同10.5%増の255億円で、保有契約件数は約73万件と同12.9%増加した。セゾン自動車火災の自動車保険の元受正味保険料は同30.6%増の174億円と大幅な伸びを示した。イーデザイン損保は自動車保険の正味収入保険料が同19%増の169億円と好調に推移している。

 そんぽ24は同2.6%増の140億円となり、着実に業績を伸ばしている。

 三井ダイレクト損保の自動車保険の元受正味保険料は同1.5%減の344億円だった。

 アメリカンホームは自動車保険の競争環境の激化により同4.2%減の128億円となった。同社の元受正味保険料は、収入の約8割を占める傷害保険・医療保険の分野では、同2.8%増加した。

(保険毎日新聞)

>> 実際に保険を使ったドライバーの”満足度”が高い【自動車保険】ランキング

>> 自動車保険の「保険料」どう決まる? 値段が変わる“要素”はこれ!

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。