もし高速道路で事故に遭ったら… レッカー車に同乗できる?

高速道路で事故に遭った場合、レッカー車に同乗して車と一緒に移動できるのか? [拡大する]

高速道路で事故に遭った場合、レッカー車に同乗して車と一緒に移動できるのか?

 年末年始は、帰省や旅行などで高速道路の利用者が増える。通常より交通量が多くなり、事故の危険性が高まるので要注意だ。万が一、高速道路上で事故に遭い、車が破損して身動きがとれなくなってしまった場合、加入している自動車保険会社やJAF(日本自動車連盟)に連絡すればレッカー車を手配できるケースが多い。その際、同乗して車と一緒に移動することは可能なのだろうか?

●レッカー車への同乗は不可! ただし例外あり

 結論からいうと、レッカー車で車を運んでもらう際に同乗することは基本的に不可能。タクシーを呼ぶなどして、自分で何かしら移動手段を確保しなくてはならない。だが、事故状況によっては乗車できる。例えば以下のようなケースだ。

【置き去りになる場合】
 高速道路上で事故に遭い、自身で移動手段を手配しようと思っても、時間帯や状況によっては難しいこともある。もし置き去りになってしまうような場合は、近くの駅や交通手段が確保できる場所までなら同乗することが可能だ。

【山間部などで交通手段がない場合】
 また、山間部やへき地などで事故に遭い、周囲に交通手段がない場合も同様。近くのビジネスホテルや駅までであれば、同乗させてもらえることがある。

【吹雪、大雨など悪天候の場合】
 悪天候の場合も、レッカー車への同乗は可能になる。ただし、吹雪や大雨、暴風など、ドライバーを置き去りすることが危険だと判断される場合に限る。同乗できるのは、交通手段が確保できる最寄りの場所までだ。

 事故時の移動手段としてレッカー車に同乗することは、基本的にはNGだが、上記のような状況であれば、人道的見地から乗車可能となる。ただし、同乗できるのは原則1名まで。複数人で事故に遭った場合は、ほかの交通手段を確保する必要があるので注意しよう。自動車保険会社の「レンタカーサービス」などは役立つので、あらかじめチェックしておくのがおすすめだ。

 高速道路上で事故を起こさないためには、車間距離を十分にとることやわき見運転をしないこと、スピードを出しすぎないこと、車線変更時に周囲をきちんと確認すること。山間部や雪国を走行するときは、スタッドレスタイヤにするか、チェーンを備えて走行するといった心がけが大切だ。

>> 任意保険を選ぶならチェック! 【自動車保険】満足度ランキング

>> <あわせて読みたい>“億”単位の損害も… 高速での「トラック追突事故」事例

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。