【自動車保険】オトクな支払い方法とは? パターン別に“メリット”紹介


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

自動車保険はどの方法で支払うのが一番“オトク”になるのか? [拡大する]

自動車保険はどの方法で支払うのが一番“オトク”になるのか?

 任意の自動車保険に加入している人は多いが、その支払い方法はどのようにしているだろうか? これまでは、現金支払いまたは口座引き落としが主流だったが、最近ではクレジットカードを利用できるところも増えてきた。そこで、どの方法で支払うのが一番“オトク”になるのか考えてみよう。

■支払い方法4つの特徴

・現金払い
 代理店型の自動車保険の場合、保険料は現金払いも受け付けている。基本的には年間一括払いでなければならず、その場合は割引を受けることができる。

・口座引き落とし
 年間一括払いまたは分割払いが可能。一括払いの場合は、現金払い同様に割引を受けることができる。分割払いの場合は、毎月指定日に引き落としされるため、支払い忘れを防げるのがメリットだ。

・クレジットカード払い
 年間一括払いまたは分割払いを選ぶことができる。引き落とし日は、各カード会社の指定日によって異なるが、年間一括払いにすれば保険料が割引になる上、カード会社の特典やポイントも付与される。

・コンビニ入金
 ダイレクト型の自動車保険の支払い方法には、コンビニエンスストア入金もある。最寄りのコンビニから保険料を支払うことが可能だ。

■最もオトクな支払い方法は?

 最もオトクな支払い方法としては、クレジットカードが挙げられる。年間一括払いならば、保険会社の割引を受けた上に、カードのポイントまでもらえるからだ。保険料は数万円という金額になるのが一般的なので、ポイント還元率も高くなる。一括払いは金銭的に負担だと感じるならば、分割払いも選べ、もちろんその分もポイントが付与される。

 クレジットカード払いが可能な自動車保険は、イーデザイン損害保険、セゾン自動車火災保険、三井ダイレクト損害保険、チューリッヒ保険など。保険会社によっては導入していないところもあるので、一度確認してみるといいだろう。

文/ロックスター 西田

>> ドライバー2万6178人が選ぶ 満足度の高い「自動車保険」1位はどこ?

>> 【自動車保険】FPが伝授! 保険料を下げる「3つのコツ」とは?

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。