【自賠責保険】だけで補償は十分? 基礎から紐解く「任意保険」の必要性

”任意保険”の必要性って? 自賠責保険との違いを改めて確認しておこう [拡大する]

”任意保険”の必要性って? 自賠責保険との違いを改めて確認しておこう

 自動車を保有すると、強制的に「自賠責保険」に加入することになる。もちろん“保険”と名前がついている以上、いざというときに役立つものだ。だが、この自賠責保険に加入するだけで補償は十分なのだろうか? 詳しく解説していこう。

■自賠責保険の保険金額は決まっている

 自賠責保険の保険金額は、【死亡時3000万円、後遺障害時4000万円(最大)、傷害120万円(最大)】と定められている。この額が十分なものなのかどうかは、昨今の自動車事故による高額賠償を見ればわかる。万が一、被害者が亡くなるようなことになれば、年齢や仕事を問わず、数千万円から1億円、ときにはそれ以上の損害を賠償するケースもあるのだ。

 事故は想定外に起きるもの。損害額を事前に見積もることなどできない。自賠責保険だけでは、絶対に補償は足りないのだ。

■自賠責保険の補償範囲は「被害者のみ」

 自賠責保険で補償されるのは、あくまで被害者のみとなる。不慮の事故で運転者自身が大ケガを負ったとしても、自賠責保険からは事故相手にしか支払われない。

 この場合、当然、運転手の治療費も必要になる。生活にも支障が出てしまうだろう。しかも、相手に支払う賠償額が自賠責保険の保険金額を越えてしまったら、さらに大きな負債を抱えることになるのだ。

 また、もし被害者の車などの財産に損害があったとしても、自賠責保険から賠償金は支払われない。自賠責保険には、保険金額だけでなく補償範囲にも制約があることをしっかり認識しておこう。

■任意保険にも加入して万全を期すことが大切

 上述の通り、自賠責保険は被害者への最低限の補償となる。大きな事故では、支払われる保険金額以上の賠償額の支払いが必要なケースも出てくるが、そういった場合に役立つのが「任意保険」だ。

 任意保険では、被害者を救済することはもちろん、運転手や自分の車の損害も補償してくれる。例えば【対人賠償 無制限、対物賠償5000万円、搭乗者傷害1000万円、人身傷害5000万円】という契約も可能だ。

 自賠責では限定されていた対人賠償も無制限となり、本当の意味で万が一に備えることができる。ほかの補償もまた然りだ。自動車購入時や他人から車を譲り受けた際などは、自賠責保険だけでなく任意保険にもしっかり加入しておきたい。

(文/西村有樹)

>> 事故時に備えて! “サポートサービス”の満足度が高い【自動車保険】ランキング

>> 後悔しない自動車保険の選び方 “保険料”が最重要ではない!?

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。