【自動車保険】FPが伝授! 保険料を下げる「3つのコツ」とは?


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

見積もり前に確認しておきたい“保険料”を下げるコツを3つ紹介する [拡大する]

見積もり前に確認しておきたい“保険料”を下げるコツを3つ紹介する

 自動車保険は基本的に1年契約だが、「面倒だから」という理由で、見直しをせずに毎年そのまま更新していないだろうか? もし「保険料が高い」と感じているのであれば、それは非常にもったいないこと。見直し時に使える“保険料を下げるコツ”があるので、ぜひ活用してほしい。

【1】運転者や年齢の範囲を見直す

 自動車保険では、運転者の範囲や年齢を限定することで保険料を安くできる。運転者に関しては、「本人だけに限定するのか」「家族以外の知人まで補償するのか」などによって保険料が変わる。また、年齢に関しても、見直して補償を適切にすることで、無駄な保険料を省くことができる。例えば、子どもも車を運転している場合、年齢が上がっても範囲を当時のままにしておくのではなく、見直すことで保険料はおさえられるのだ。

【2】車両保険の補償範囲を見直す

 車両保険に加入すると、車が壊れた場合に契約している保険金額を限度に保険金が支払われる。知っておきたいのは、あて逃げや単独事故による損害を補償しないように範囲を限定したり、損害額の一部を自己負担する免責金額を設定することができるということ。その分、保険料を節約できるので、検討する価値はあるだろう。

【3】ダイレクト型の自動車保険を活用

 一般的に、自動車保険は代理店型よりインターネットで申し込むダイレクト型の方が、営業コストが少ないことから保険料は安くなる傾向がある。ダイレクト型は比較サイト上で気軽に見積もりをとれるので、どの程度保険料が安くなるのか各社比べてみると良いだろう。ただし、同じ車名・同じ型式でも、車両保険の保険金額や免責金額が異なり、保険料に差が出ることがあるため、一見安く見えても隅々まで確認することが必要だ。

 ちなみに、自動車保険各社は、インターネット申込や走行距離、車の使用目的など、様々な条件で割引を行っている。これらの活用も保険料の節約に役立つだろう。

 見積もりに必要な情報を確認し、比較することは手間がかかるが、その一手間が年間の保険料をおさえることにつながる。とはいえ、目先の安さだけにとらわれず、「補償は適切か」「必要なサービスは付随しているか」など冷静に判断する目も保険選びには不可欠。次の更新時には、余裕を持って見直しを検討してほしい。

<記事/江原さとみ>
ファイナンシャル・プランナー、FPオフィスなでしこ代表(http://www.fp-nadesiko.com/)。システムエンジニアとして働きながらFP資格を取得。その後の証券会社や生・損保代理店での勤務経験を活かし、セミナーや執筆、個人相談など積極的に活動している。「お金の話を身近に、わかりやすく」がモットー。

>> <ランキング>見積もり前に確認したい 満足度No.1の「自動車保険」はどこ?

>> 「自動車保険料」を左右する“等級” 割引率の違いも紹介

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。