死亡事故を起こして科される点数は…? 行政処分の内容を詳しく解説

【図表】交通事故付加点数 [拡大する]

【図表】交通事故付加点数

 交通事故を起こすと、内容によっては点数が加算され、運転免許証の停止や取り消しといった処分を受ける。これまで数多くの事故処理を経験したファイナンシャルプランナーが、このような行政処分についてわかりやすく解説する。

 事故による行政処分は、点数制度によって行われる。内容に応じて点数が加算され、累積点数が一定の数になると免許停止や取り消しといった処分が下される。

 一般的に対象となるのは人身事故であり、物損事故や自損事故は対象にならない。人身事故の中でも、責任の程度によって点数が定められている。具体的には【図表】を見てほしい。

 ただし、実務上は事故や診断書の内容を考慮した上で処分の有無を判断されることが多い。筆者は過去に相当数の人身事故に立ち会ったが、必ずしも全件、行政処分が下されるわけではなかった。現に全治7日程度で処分のなかった例もあるが、だからといって被害者への責任を免れるわけではない。

▼「刑事上の責任」と「民事上の責任」も負う

 自動車事故、特に人身事故を起こした場合は、行政処分以外の責任も負うことになる。「刑事上の責任」と「民事上の責任」だ。前者は刑罰を指し、罰金は最低でも12万円。後者は被害者に対する損害賠償責任であり、こちらは自身への刑罰以上に重くなる。

 さらに被害者の家族や会社に対する責任など様々発生する。日頃から意識を高くもち、事故を起こさないよう慎重な運転を心がけることが大切だ。

<記事/奥田知典(マイアドバイザー登録FP)>
第一勧業銀行(現みずほ銀行)、東京海上日動火災保険、2006年から現在は(有)ekコンサルタント取締役として住宅セミナー講演、工務店経営支援、TV・ラジオ出演やコラム執筆等、幅広いジャンルで活躍中。

>>【年代別ランキング】ドライバーの満足度が高い“自動車保険”を発表!

>>忘れると50万円以下の罰金も… 知っておくべき「車検証」名義変更の仕組み

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。