冬のお出かけ前にチェック! レンタカー主要5社の最新“スタッドレス事情”


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

レンタカー主要5社の最新“スタッドレス事情“について紹介していく [拡大する]

レンタカー主要5社の最新“スタッドレス事情“について紹介していく

 冬のお出かけの際、自家用車がない場合は、レンタカーを借りるのもひとつの手。冬場は急な降雪や積雪に見舞われることもあるので、タイヤもスタッドレスにしておくとベストだろう。ここで注意したいのが、レンタカーの場合はスタッドレスタイヤの標準装備が地域や店舗によって異なることだ。

 そこで今回は、レンタカー主要5社(トヨタレンタカー・タイムズカーレンタル・ニッポンレンタカー・オリックスレンタカー・日産レンタカー)の、スタッドレスタイヤの装備状況について紹介していく。

■安心、便利! スタッドレス標準装備の地域

 まずは、スタッドレスタイヤが標準装備されている地域を、会社ごとにみていこう。

【トヨタレンタカー】
北海道:地域ごとに対象期間が異なる
東北:地域ごとに対象期間が異なる
甲信越:3月31日出発分まで
北陸:3月20日出発分まで

【タイムズカーレンタル】
北海道:4月15日出発分まで
東北:地域によって対象期間が異なる
甲信越:3月31日出発分まで
北陸:3月31日まで出発分まで

【ニッポンレンタカー】
北海道:4月15日出発分まで
東北:3月31日出発分まで
甲信越:3月31日出発分まで
北陸:3月31日出発分まで

【オリックスレンタカー】
北海道:3月31日出発分まで。4WD車の場合はオプション扱い
東北:3月31日出発分まで。4WD車の場合はオプション扱い
甲信越:3月31日出発分まで。4WD車の場合はオプション扱い
北陸:3月31日出発分まで。一部店舗で取り扱いなし

【日産レンタカー】
北海道:3月20日出発分まで
東北:3月20日出発分まで
甲信越:長野県、新潟県は3月20日出発分まで。山梨県では取り扱いなし
北陸:3月31日出発分まで。一部店舗で取り扱いなし

 このように、レンタカー会社や店舗地域によって利用期間が異なる。4月以降もエリアによっては雪が残っている場合があるので、出かける際は注意したい。

■そのほかの地域は?

 首都圏や西日本エリアなど上記以外の地域にある各店舗では、基本的に標準装備での取り扱いがない。なお、先月雪の立ち往生に見舞われた山陰・山陽方面では、日産レンタカーの一部店舗でスタッドレスタイヤ標準装備プランがある。

 積雪予想のある地域に行く場合、ノーマルタイヤの車を借りてしまうと事故につながりかねない。オプションとして装備できる店舗や、できない店舗、ほかにもスタッドレスタイヤの数に限りがあったり、車種が限定されていたりもするので、レンタカーを借りる場合は十分に下調べすることをオススメする。

(2017年2月6日調査時点)

>>特約など「任意保険選び」に役立つ 自動車保険【満足度ランキング】

>>今さら聞けないタイヤ常識 スタッドレスの特徴と注意点

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。