FPが【ネット銀行】をオススメする理由はコレ! 目的ごとにメリット紹介

マネーに詳しいFPが「ネット銀行」のメリットを目的別に紹介! [拡大する]

マネーに詳しいFPが「ネット銀行」のメリットを目的別に紹介!

 金利の高さや手数料のお得さから、「ネット銀行」で口座開設しようと考えている人は少なくないはず。それも、店舗型の銀行に比べて、ネット銀行はそれぞれに特色があり、サービスも異なる部分が多い。自分の利用目的を確認して、一番適したところを選択したいものだ。

■月に何度か出金や振込をする
 ネット専業銀行の場合、その銀行名の実店舗やATMはあまり見かけない。出金はコンビニなどの提携ATMでの出金になる。4大コンビニでの手数料を見ても銀行によって内容が少し異なる。下記に、一例を紹介しよう。

▼コンビニでの手数料
【住信SBIネット銀行】
・セブン-イレブン、ミニストップ 24時間365日何回でも無料
・ローソン、ファミリーマート   月5回まで無料 6回目以降108円(税込)

【新生銀行】
・どのコンビニATMでも24時間365日何回でも無料。

【じぶん銀行】
・セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートで24時間365日何回でも無料(ミニストップ扱いなし)

▼振込手数料について
【住信SBIネット銀行】
・同行宛無料、他行宛は月3回まで無料、4回目以降154円(税込)

【新生銀行】
・同行宛は無料だが、他行宛は利用頻度によってステージがあり、月1回から最大10回まで無料になる。

【じぶん銀行】
・同行と三菱東京UFJ銀行宛は無料、他行宛5回まで無料

 月に数回程度の出金だけならば、あまり差はないかもしれないが、振込の回数では銀行により無料回数も有料の手数料にも違いがある。店舗型の銀行は同行でも支店が違うだけで手数料がかかる事が多く、特典がある場合でも一定額の残高が求められるなど、基本的に有料となってしまう。

 毎月のように少しでも振込がある人はネット銀行を上手に使うと振込料が節約できる。“ちりも積もれば”だからこそ、手数料はバカにならない。

■住宅ローンを利用したい
 ネット銀行の住宅ローンは店舗型のメガバンクに比べ、内容に大きな違いがある。契約時に支払う返済中の死亡に対応する生命保険料、借り入れ保証料、繰り上げ返済手数料などが0円のところが多い。

 では、金利面はどうだろう。勤務先の提携銀行などで利用できる店舗型の銀行で多い優遇金利は、ネット銀行の金利に負けないために出している金利の側面もあるので、金利面でも見劣りはない。ただ、ネット銀行は、借り入れの際の事務手数料に差があること、審査の基準がやや厳しい、審査に時間がかかるなどの注意すべき点もいくつかある。だが、住宅ローンの借入先としても有力であることは間違いない。

 住宅ローンを借りた後の毎月の返済はもちろん、繰上げ返済などの契約の見直しをすることなども含めて、銀行口座が使いやすい状態になっていることは大切だ。

■預けて資金を増やしたい
 低金利の状況下では、預金で資金運用することはなかなか難しい。だが、それでもネット銀行の預金金利はメガバンクに比べて桁が1つ違う。同じ定期預金にしておくならば、ネット銀行の定期預金の方が10倍の金利になるのだから、選ばない手はないだろう。

 また、ネット銀行の場合は、口座があればそこからワンストップで投資信託や外貨預金へ資金を移動することも容易にできる。投信口座の開設などは必要だが、資金をトータルで管理していくことも可能だ。

 口座管理資料も一覧になっているので、見方さえ慣れれば、自分の資産管理の1ツールとして利用していくことができる。

 運用資金は「短期で運用するもの」「中期・長期運用するもの」と分類してそれぞれの特色にあわせて運用をしていくのが望ましい。自分の資産を一望できる口座をもつことで、どのように資産を作っていくかのプランニングもできる。

◆まとめ
 このほかにもネット銀行には様々な特徴がある。ネット銀行ですべての金融サービスが完結できるわけではないが、店舗型の銀行も含めて自分の生活スタイルに合わせた銀行の使い分けをしていきたいものだ。

 最後にひとつ。ネットも含めて各金融機関は金融犯罪を防止するために様々な方法を講じているが、イタチごっこになっているのが現状である。インターネットからの不正行為に巻き込まれないために、普段からセキュリティには十分過ぎるぐらいの対策は行っておこう。

<記事/山根裕子(マイアドバイザー登録FP)>
CFP。会計事務所系FP会社で中小企業のオーナーや個人の顧客のお金に関する問題解決の実行支援を展開中。「お金のかかりつけ医」として家族ぐるみの相談相手になることも多い。

>> 1万1861人が選ぶ【ネット銀行】ランキング 満足度の高さで比較!

>> <あわせて確認>FPが解説! 【ネット銀行】上手に選ぶ3つの重要ポイント

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。