旅行にこそ最適!? 意外に知らない【ネット銀行】オトクな活用法! 

海外でもスマホひとつで入出金できる「ネット銀行」のオトクな活用法とは? [拡大する]

海外でもスマホひとつで入出金できる「ネット銀行」のオトクな活用法とは?

 ネット銀行に口座を持つメリットのひとつに、ネット環境さえあればいつでもどこでも取引ができるという点がある。海外でもスマホひとつで入出金できる手軽さは大きな魅力だろう。こうした特性に加え、なかには国外での利用を想定した特別なサービスを用意している銀行もある。旅行や出張で渡航する機会が多い人は、ぜひ覚えておきたい。

 まず、海外滞在時にまとまった現金が必要になったとき、便利なのが「インターナショナルキャッシュカード」サービス。現地のATMから預金を、それも現地通貨で引き出すことができるため、両替の手間も省ける。

 例えば、新生銀行のキャッシュカードは、世界200以上の国と地域にある230台以上のATMやCD(キャッシュディスペンサー)で利用可能(※)。ATMでの引き出しは、渡航前にネットまたは電話で出金限度額を設定することで可能となる(1日あたり0円〜10万円)。

 なお、帰国後は第三者による海外での不正使用を防止するため、出金限度額を0円に設定し、暗証番号も変更するといいだろう。また、地域やタイミングによってはシステム障害などで利用できない可能性も考えられるため、クレジットカードなど別の決済手段も用意しておきたいところだ。

 ネット銀行にもともと外貨預金を持っている場合は、「ドル決済サービス」がついたクレジットカードを利用するのもおすすめ。例えば、SBIカードの同サービスを使えば、住信SBIネット銀行の外貨普通預金から米ドルで代金の支払いができる。両替の手間なくそのまま決済できるため、為替レートを気にする必要がない。通常、海外でクレジットカードを利用する際の事務手数料がかからないのも魅力だ。なお、ユーロやポンドなどでの買い物の場合も利用金額が米ドルに換算され、やはり外貨預金からの支払いが可能。

 目前に迫ったゴールデンウィークに向け、海外旅行を計画している人も少なくないはず。現地で急な物入りになった時に困らないよう、これらの手段を検討してみてはいかがだろうか?

(※)VISAまたはPLUSマークの表示がある海外のATM・CDに限る

>> <ランキング>10代〜50代以上に調査! 人気の【ネット銀行】1位は…?

>> 「LINE Pay」って何がスゴイ? 「割り勘」機能など便利さ盛り沢山!

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。