いざというときに便利な示談交渉代行サービス

  • いざというときに便利な示談交渉代行サービス

 自転車事故を起こしてしまうと、被害者に対して賠償する責任が発生し、被害者との間で賠償金の金額などについて交渉しなければなりません。しかし示談交渉は加害者にとって手間であり負担でもあります。そこで、万が一自転車事故の加害者になってしまった場合に、加害者にかわって被害者と示談交渉をしてくれるサービスをつけた自転車保険が注目されています。そこで今回は、示談交渉代行サービスについてご紹介しましょう。
 自転車は、誰でも気軽に乗ることができる便利な乗り物です。特に最近は健康志向などの影響もあり自転車利用者の数がますます増加傾向にあります。その一方で、自転車利用者のマナーの悪化や交通ルールを無視した危険な運転が目立ち、自転車と歩行者の事故は増加してきています。

 自転車走行中に事故を起こしてしまったら、被害者に対して治療費や休業損害、入通院慰謝料、後遺症が残れば後遺症慰謝料や逸失利益などを損害賠償として支払わなければなりません。さらに重度の後遺症の場合には、被害者の余命期間にわたる介護費用も請求される場合があります。賠償金の金額をいくらにするのかなどについては被害者との交渉によってけっていしなければなりません。

 話し合いが成立し、お互いに合意に至れば示談書を作成し、署名・捺印を行い示談成立となります。一方示談成立しそうになければ裁判によって賠償金の金額を決定することになります。

示談交渉は事故加害者にとっても大きな負担

 示談交渉をしようとしても、素人ではどのように交渉したらよいのか分かりません。さらに自転車事故により害者が死亡した場合や重い後遺障害が残ってしまった場合などは、加害者を前にすると感情的になる被害者・遺族もおり示談交渉が難航してしまう恐れもあります。このような被害者感情に配慮しながらの示談交渉は加害者にとっても、大きな精神的負担となってしまいます。

示談がまとまるかどうかは刑事責任にも影響

 自転車事故後、被害者との間での示談が成立していると、刑事訴訟で被害者に有利な情状として扱われます。そのため、実刑判決ではなく執行猶予つきの判決で済む場合もあります。

事故の早期の解決につながることも

 示談交渉代行サービスとは自転車事故の加害者にとって負担となる、被害者との示談交渉を被害者にかわって行ってくれるサービスです。
 交通事故の損害賠償請求には、専門的な法的知識が必要となってきます。事故の加害者本人がいきなりこのような知識を習得することは難しいので、やはり専門家に任せた方が安心でしょう。被害者から法外な金額の損害賠償金を請求されるリスクを回避することも可能です。
 また示談交渉代行サービスを利用することによって、示談がうまくまとまれば事故の早期解決になります。早期の解決は、迅速な賠償金の支払いにもつながりますから、被害者にとってもメリットです。

 このように自転車保険を選ぶ際には、示談交渉代行サービスがあるかどうかは確認しておきたいポイントです。示談交渉代行サービスがついている自転車保険は、ついていない自転車保険に比べて少し保険料が高くなりますが、示談交渉にかかわる手間や負担を考えれば保険料の違いは安いものではないでしょうか。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。