「居眠り運転」で追突事故… 自動車保険は適用される?

運転中の居眠りは、とても危険な行為。事故が起きた場合、自動車保険は適用される? [拡大する]

運転中の居眠りは、とても危険な行為。事故が起きた場合、自動車保険は適用される?

 前日に十分な睡眠をとっていなかったり、長距離にもかかわらず休憩や仮眠をきちんととらないような無理な運転をすると、居眠りをして重大な事故を引き起こす可能性がある。実際、過去には居眠り運転によってドライバー自身が死亡した事故も発生している。その場合、自動車保険は適用されるのか? 事故内容と合わせて紹介する。

<事故内容>
 トラック運転手が、業務を終えて運行中、交差点で停車中の大型トラックに時速65キロのノーブレーキで追突して死亡した。死亡した運転手は、往路の運行では休憩と仮眠をしっかりとっていたが、復路では「8時間」という指示を守らず、3時間の休憩のみで出発。その結果、居眠り運転による前方不注視で事故を引き起こした。

 この事故では、安全な運行計画が実施されなかったことも問題だ。先日にも大型の夜行バスが大きな事故を起こして話題になったが、長距離や深夜帯の運転は、事前に道路状況を把握して運行計画を立てた上で、しっかりと休憩時間を確保することが重要。疲れを感じたらすぐに休憩をとり、眠気がある状態で運転しないことが大切だ。たとえ目的地が近づいていたとしても、眠気を我慢して走行することは危険な行為であることを認識しよう。

 自動車保険に関しては、故意ではない居眠り運転が原因で事故を起こした場合、基本的には契約の範囲内で適用される。今回のような事故でも、死亡保険金が支払われるのが一般的だ。あらかじめ各社の事故時の対応などを比較した上で加入すると、万が一の際に役立つだろう。

参照:国土交通省 関東運輸局HP
文:ロックスター

>> 【さっそく比較】自動車保険 適用したドライバーの満足度ランキング

>> 高速道路で死亡事故! 車の大破も招いた「運転中のNG行為」とは?


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。