トイレをリフォームしたい!費用の相場や気を付けるべきポイントとは?

  • 【画像】リフォーム トイレ

 住まいのリフォームの中でも、ニーズが高いトイレ。和式から洋式に換えたい、内装をきれいにしたい、バリアフリー対応にしたい…。トイレのリフォームで何ができるのか、そして費用はどれくらい必要なのかなど、トイレのリフォームについて考えてみましょう。

トイレのリフォームで何ができる?

 一口に「トイレのリフォーム」といっても、その内容はさまざま。家庭によって目的は違うのですから、それは当然のことです。ですが、リフォームだからといって、何でもできるわけではありません。「トイレをもっと広くしたい」となれば、間取り全体から考えなくてはならず、かなり大掛かりな工事になってしまいます。

 では、一般的なトイレのリフォームでは、どのようなことができるのでしょうか?

<トイレのリフォームでできること>
・便座を換える
・内装を換える
・便器を換える
・和式から洋式に換える

 などが、一般的なトイレのリフォームでできることでしょう。いずれも工事に必要な時間や手間は異なり、どこまでやるかによってコストも変わります。それぞれの項目について、もう少し詳しく見ていきましょう。

手軽なトイレのリフォーム

 ちょっとしたリフォームであれば、自分で作業することもできます。材料を用意するだけですから、作業工賃もかからず割安です。

・便座を換える
 古くなった便座の交換は、自分でもできる作業です。説明書に従って進めていけば、数十分で終わってしまうでしょう。ただし、メーカーやタイプの異なるシャワートイレの場合、水栓金具やパイプの交換が必要になる場合があります。また、普通の便座から洗浄便座に取り替える際、トイレ内にコンセントがない場合、別途電気工事が必要となります。こういった場合は、専門業者に依頼しなければなりません。

・内装を換える
 ペンキを塗ったり壁紙を換えたりという程度なら、DIYの範囲でできそうです。トイレの内装というと白やベージュが多いものですが、これをオレンジやグリーンなどの明るい色にするだけで、かなり雰囲気が変わります。

 逆に、落ち着いた雰囲気にしたいなら、壁にウッドパネルを貼ったり、暗めの照明に換えたりという方法もあります。間接照明を使うのもいいですが、あまり暗くなりすぎると汚れを見落としやすくなるなどのデメリットもありますので、注意が必要です。

本格的なトイレのリフォーム

 専門業者に依頼すれば、より本格的にリフォームができます。多機能な便器に換えたり、和式を洋式に置き換えたり…。少々大掛かりな工事になりますが、それによってトイレ空間を一新することができます。本格的なリフォームの具体例をご紹介します。

・便器を換える
 便器をまるごと交換すると、トイレの雰囲気や使いやすさも大きく変わります。例えば洋式便器の場合、便座・タンク・便器が別になっていてそれぞれ選べる物と、一体型があります。さらに、水タンクを持たないコンパクトな「タンクレス」なら、トイレのスペースをより広く使うことができます。収納や手洗いまでがひとつのユニットになった「システムトイレ」に換えることでトイレ空間全体に統一感が生まれ、収納スペースも多くとれるかもしれません。

・和式から洋式に換える
 和式トイレを洋式トイレに換えることもできます。この場合、単に便器を換えるだけでなく、床の解体工事や内装、配管、場合によっては電源工事など、多くの作業が必要になります。コストは高額ですし工期も3〜5日かかり、トイレのリフォームメニューの中では大掛かりな工事になります。

 なお、洋式便器への交換が介護目的である場合には、介護保険が適用されることもありますので、市区町村の役所、あるいはケアマネージャーに相談してみましょう。

 このほか、「バリアフリー対応にしたい」というニーズもあるでしょう。工事の内容は手すりの追加設置などの軽微なものから、トイレのスペースを広げて車椅子でも無理なく使えるように改装するという大規模なものまでさまざまです。このような場合には、リフォーム実績の豊富な業者を選び、相談するところから始めましょう。

トイレのリフォームはいくらかかる?

 さて、これらのさまざまなトイレのリフォーム工事、費用はどれくらいかかるのでしょうか?

 リフォームの費用は基本的に「材料費+工事費」です。ですから、高価な材料を使ったり、長い工期が必要だったり、複数の職種の職人さんの手が必要になる場合には、その分コストが高くなります。

<おもなトイレリフォームの費用の相場>
・便座を換える:3〜5万円
・内装を換える:3〜5万円
・便器を換える:10〜30万円(内装工事含む)
・和式から洋式に換える:15〜30万円(付帯工事一式含む)

 いずれも工事費の目安ですから、「最新の高機能シャワートイレに換えたい」「輸入品の壁材を使いたい」といった場合は、別途見積もりが必要です。また、どんな工事にもいえることですが、現場の状況によって工事の手間や工期は変わってきます。これらの数字もあくまで目安と考え、より正確な見積もりを取ってから、改めて検討してください。

トイレのリフォームで注意すべきポイントは?

 せっかくリフォームするなら、今以上にきれいで居心地が良く、機能的で使い勝手の良いトイレにしたいものです。しかし、あまりに欲張ってしまうとコストは増える一方ですし、後悔することにもなりかねません。満足できるトイレリフォームを実現するための注意点を知っておきましょう。

・便器選びはよく検討して
 組み合わせ型・一体型・タンクレス・システムトイレと、大きく分けて4種類ある便器は、それぞれ特徴があり、機能も異なります。新設するにしろ交換するにしろ、どれがベストなのかをよく検討して選ぶようにしましょう。

・長く使うことを想定した内装を選ぶ
 あまりに明るすぎたり、賑やかな壁紙に貼り替えたりすると、落ち着きのない空間になってしまう可能性があります。内装はDIYで変えられるとしても、壁紙の貼替えはそれなりに手間がかかります。統一感があり、落ち着ける内装を選ぶことをおすすめします。

・使いやすさを優先して考える
 トイレは見た目よりも使いやすさが大切です。収納は十分とれるか、汚れやほこりが溜まりにくいか、掃除がしやすいかなど、実用面のチェックは欠かせません。

 トイレは家の中で誰もが毎日使う「部屋」です。リフォームすることで、居心地も使い勝手もいい、そんな素敵なトイレになるといいですね。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について