「玄関ドア」のリフォームに関する基礎知識と費用相場

 住まいの顔ともいえる「玄関ドア」をリフォームしたい場合、自宅が「戸建て」なのか「マンション」なのかで、注意すべきポイントが違います。また、玄関ドアは開き戸タイプと引き戸タイプがあるなど、リフォームの際にチェックしておくべきポイントがいくつかあります。ここでは、玄関ドアのリフォームに関する基礎知識と、費用相場についてご紹介します。

玄関ドアの種類に関する基礎知識

 玄関ドアには「開き戸タイプ」と「引き戸タイプ」の2種類があります。それぞれのタイプの特徴を知っておくことで、リフォーム時のデザインを決める参考になります。また、現在の自宅の玄関がどちらのタイプになるのかもチェックしましょう。

■開き戸タイプ

 洋風でモダンなデザインが多く、優れた断熱性も発揮する開き戸タイプには、次のような物があります。

・片開きドア

左右どちらかに、ひとつのドアが開くタイプです。採光率を高めたり風通しを良くしたりするためのデザインもあります。

片開きドア(出典:三協アルミ「ファノーバ」)

片開きドア(出典:三協アルミ「ファノーバ」)

・親子ドア

向かい合う2枚のドアの、大小のサイズが異なるドアです。観音開きにできるので、大きな荷物の搬入出にも便利です。

親子ドア(出典:三協アルミ「ノバリス」)

親子ドア(出典:三協アルミ「ノバリス」)

・袖付き開き戸

 片開きドアに、袖も追加されたデザインです。片袖と両袖どちらかを選ぶことができ、袖をガラスにすることで明るい印象にしたり、袖にポストをつけたりできます。

袖付き開き戸(出典:三協アルミ「ノバリス」)

袖付き開き戸(出典:三協アルミ「ノバリス」)

・両開きドア

 親子ドアと異なり、左右同じ大きさの扉があります。大きなドアであるケースが多いので、高級感や重厚感を演出できますが、その分、広い玄関スペースも必要となります。

両開きドア(出典:三協アルミ「ラフォース」)

両開きドア(出典:三協アルミ「ラフォース」)

■引き戸タイプ

 引き戸タイプの玄関ドアは、横にスライドさせるタイプになります。開放しても扉が邪魔にならない上、ドアの前後に扉を開けるためのスペースも不要です。そのため、狭い住宅や玄関と道路のあいだのスペースが狭い家の場合に重宝するタイプです。また、ドアを開けるために開き戸ほど力がいらないため、高齢者のいる住まいにもおすすめです。引き戸には扉が2枚あるタイプと、1枚のタイプがあります。

 和風住宅であれば木製の引き戸、洋風住宅であれば金属製の開き戸に装飾などもつけたタイプが、オーソドックスな引き戸となります。

引き戸(出典:三協アルミ「ラフォースSD」)

引き戸(出典:三協アルミ「ラフォースSD」)

リフォーム時のチェックポイント

 玄関ドアのリフォームの際は、デザイン・防犯機能・断熱性の3つを考慮していくことが大切です。その理由と注意すべき点をご紹介します。

■デザイン

 玄関ドアは、その家全体のイメージや雰囲気を決める要素になります。「家の外観がシンプルだから、玄関ドアはアクセントのあるデザインを使いたい」「壁が金属やコンクリートのため、あえて木の玄関ドアにして個性を出したい」など、希望する雰囲気やデザインで決めていきましょう。玄関ドアはデザインやカラーリングのバリエーションが豊富なため、自由にリフォームのデザインを決めていけるでしょう。

■防犯機能

 住人以外にもさまざまな人が出入りすることとなる玄関ドアは、防犯性を重視したい人も多いと思います。玄関ドアリフォームの際は、同時に鍵も交換することで防犯性が高まります。鍵は1個ではなく、ツーロックタイプや、ティンブルキーといったタイプがおすすめです。

 また、採光の役割を果たす窓やガラスの部分は、泥棒にも狙われやすいとされています。割って鍵を開けられてしまわないよう、防犯面を考えるなら鍵部分から遠い場所に窓のあるタイプを選びましょう。

■断熱性

 玄関ドアは断熱性も重視すべきポイントです。玄関ドアの断熱性が低いと、夏には冷房の涼しい空気が、冬には暖房の暖かい空気が外に逃げてしまいます。室内を快適に保つためには、断熱性が優れた玄関ドアにすることが大切です。一般的には、単板のドアは断熱性が低く、複層タイプのドアは断熱性が高いとされています。

リフォーム費の相場と注意点

 玄関ドアのリフォーム費用は、工法や玄関ドアのタイプによって変動します。ここでは、おおまかなリフォーム費の相場や、マンションの場合の注意点をご紹介します。

■玄関ドアリフォーム費の相場

 玄関ドアのリフォーム費の相場としては、20〜50万円となっています。主流となっている、既存ドア枠に新しい枠をかぶせる「カバー工法」であれば、20数万円からリフォーム可能です。しかし、「開き戸から引き戸」「引き戸から開き戸」といった、タイプの異なる玄関ドアにする場合はリフォーム費も高くなります。また、ドア本体のサイズが特殊で既製品を使えない場合、費用も高額になります。ドアを取り寄せるとなると着工までの日数もかかるため、リフォームのスケジュールは余裕を持って立てましょう。

■マンションの場合の注意点

 マンションの玄関ドアの場合、内側のドアは入居者の専有部分ですが、外側のドアは共用部分とされていることが多くなっています。そのため、玄関ドアのリフォームといっても、外観部分を変更するのは難しいようです。しかし、カギの変更など、防犯性を高めるリフォームであれば、マンションの管理側から承認される可能性があります。いずれにしろ、勝手にリフォームするのではなく、必ず許可を得てから行うようにしましょう。

すべての条件を考慮して決めよう

 玄関ドアリフォームのポイントや費用の相場についてご紹介してきました。玄関ドアは、家全体のイメージを決めるアクセントにもなる上、家の防犯面や断熱性による過ごしやすさの面でも、重要な役割を果たします。リフォームを検討する際は業者とも相談しながら、じっくりとデザインや機能を決めていくことをおすすめします。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。