道を間違え後続ライダーが“顔面骨折” 焦りが招いた「事故事例」とは?

運転中に道を間違えたとき、焦って急停車をしたり、無理に引き返そうとするのは危険! [拡大する]

運転中に道を間違えたとき、焦って急停車をしたり、無理に引き返そうとするのは危険!

 車で運転をしているとき、うっかり道を間違えることは誰にでもあること。その際、焦って冷静な判断ができず、急停車や無理に引き返そうとする人も少なくない。だが、それは非常に危ない行為といえる。実際にどのような危険があるのか、過去の事故事例を紹介しよう。

<事故内容>
 タクシーが走行中、差しかかった交差点の信号が黄色に変わったため、手前にあった路地を右折しようとした。ところが、入り口を間違い、進入禁止の標識がある道路に向かってしまった。躊躇(ちゅうちょ)していると、後方から直進してきたオートバイが、タクシーのセンターピラーに衝突。オートバイのライダーが顔面を骨折した。

<事故原因> 
 この事故の原因として考えられるのは、主に3つ。まずは、タクシーの運転手が翌日に旅行を控えていて、気持ちが焦っていたこと。もう1つは、信号が黄色に変わったことで、先を急ぐ心理が働いてしまったこと。そして、ライダーが現場近辺を熟知しており、右折車を想定していなかったことだ。

 こういった事故の再発を防止するには、右左折時に周囲の車両に注意したり、きちんと合図を出すなど“ゆとりのある運転”を心がけることだ。用事があって焦っているときは、注意力が散漫になりがちであるため、特に注意したい。黄色信号を見たら進むのではなく、停止の準備をするようにしたほうがいいだろう。

 後続車が予測し難い行為は、事故につながりやすい。実際、今回の事故ではライダーが顔面を骨折するという重症を負った。このように、事故相手にケガを負わせると、損害賠償請求が発生してしまう。相手との交渉から支払いまで、一貫して自動車保険会社に頼むことを想定し、あらかじめ対応のいい会社を選んで加入しておくのが賢明といえるだろう。

参照:国土交通省 関東運輸局HP

>> 万が一の「事故」・・・担当者の対応で選ぶ【自動車保険】ランキング

>> バイク「すり抜け」で追突事故! ドライバーが払う賠償額はいくら?

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。