渋滞時「バイクのすり抜け」に要注意! ライダー重傷の事故事例を紹介

バイクの”すり抜け”は大変危険。渋滞時は特に注意しよう [拡大する]

バイクの”すり抜け”は大変危険。渋滞時は特に注意しよう

 渋滞時は交通事故が起きやすい。焦る気持ちが高まるせいか、周囲の確認を怠ったり、よそ見運転をする運転者が少なくないのも理由のひとつだろう。実際、過去には渋滞中のドライバーの確認不足が原因で車とバイクが衝突し、重傷者がでた事故も発生している。詳しく紹介しよう。

<事故内容>
 あるタクシーが、信号機のない交差点を右折しようとして、対向車線の渋滞解消を待っていた。すると、対向車線にいた車両の運転手が合図をし、道を譲ってくれた。そこで右折したが、対向車線を直進してきたバイクと衝突し、ライダーに重傷を負わせた。

<事故原因>
 この事故の原因は、タクシー運転手が道を譲られた際に対向車線の状況を確認しないまま右折したことだ。道を譲ってもらったことで、タクシー運転手には「早く行かなければ」と焦る気持ちがあったかもしれない。だが、安全確認は徹底すべきだった。

 「バイクの存在などない」と思い込み、右折を開始した“だろう運転”にも問題がある。たとえ道を譲られたとしても、「死角にほかの車両や歩行者がいるかもしれない」と想定して運転するべきなのだ。今回紹介したような事故は残念ながら遭遇しやすいが、思い込みをなくして、どんなときでも慎重に運転すれば防ぐことができるだろう。

 交通事故を起こした場合、加害者は被害者の損害を賠償しなければならない。自車を破損していれば修理代なども必要になるため、自動車保険が頼りになるだろう。万が一のためにも、補償は厚くしておいて損はないはずだ。

参照:国土交通省 関東運輸局HP
文:ロックスター

>> 事故時に役立つ ドライバー2万6178人が選ぶ「自動車保険」ベスト10

>> 【事例】バイク「すり抜け」で追突事故! ドライバーが払う賠償額はいくら?

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。