東京海上日動がパイオニアと共同開発、事故時にドラレコが自動通報


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

東京海上日動がパイオニアと共同で「ドライブエージェント パーソナル」を開発した(写真はイメージ) [拡大する]

東京海上日動がパイオニアと共同で「ドライブエージェント パーソナル」を開発した(写真はイメージ)

 東京海上日動はこのほど、同社オリジナルの通信機能付きドライブレコーダーを活用した、個人顧客向けの新サービス「ドライブエージェント パーソナル」をパイオニアと共同で開発した。同社では2017年4月1日以降始期契約を対象にサービスの提供を開始する。

 同サービスでは、ドライブレコーダーで記録される事故映像を活用した相手との示談交渉だけでなく、最も不安に感じる事故発生時の対応をサポートするため、強い衝撃を検知した場合の自動通報による事故受け付けや映像の自動送信などを提供するとともに、状況に応じて提携企業を通じた消防などへの連絡も行う。また、顧客ごとの危険運転傾向などを基に作成した「安全運転診断レポート」を提供する。その他、パイオニアの最新技術を活用し、顧客ごとの運転状況に応じたリアルタイムの事故防止支援機能を通じて、安全なドライブを支援する。

 サービスの対象となるのは、同社のトータルアシスト自動車保険ならびにトータルアシスト超保険の加入者(対象自動車は自家用普通・小型乗用車、自家用軽四輪乗用車)で、同サービス専用の特約を付帯した人にドライブレコーダーを貸与する。約保険料は月額650円(保険期間1年、分割払いの場合)。

 同社オリジナルドライブレコーダーは、常時ネットワークに接続することで、内蔵するアプリケーションを自動でアップデートできる機能を設けており、今後新しいサービスを順次拡充していく。例えば、事故防止支援サービスとして、「前方車両の接近を検知した場合に、音声メッセージなどによる注意喚起を行う機能」を17年10月ごろにリリースする予定。

(保険毎日新聞)

>> ドライバーの満足度を知る! オリコン自動車保険ランキング<ベスト10>

>> 東京海上日動、「被害者救済費用等補償特約」開発、自動運転の事故に対応

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。