知って賢く利用! 主要銀行の最新「ATM引き出し利用手数料」

【図表】主要銀行の「ATM引き出し利用手数料」一覧 [拡大する]

【図表】主要銀行の「ATM引き出し利用手数料」一覧

 銀行から預金を引き出す際などにかかる手数料。預金口座がある銀行のATMから引き出す場合、無料あるいは100〜200円程度のため、あまり気にしていない人もいるのでは? しかし、ちりも積もれば大きな金額となってしまうもの。また、最近は時間外手数料を有料化する銀行も出てきており、改定したことを知らないと思わぬ出費となってしまうかも。そこで、主要銀行のATMに通帳やキャッシュカードを使用して、預金を引き出し時にかかる利用手数料の最新動向を調査した。

■『新生銀行』 いつでもどこでも入出金手数料は0円

 同行ATMを利用した入出金手数料は土・日曜や祝日、夜間を含めて全て無料。さらに、提携金融機関やコンビニのATMに関しても同等となる(祝日・夜間の取り扱いのないATMあり。一部レシートに手数料が印字されるが引き落としはない)。

■『ゆうちょ銀行』 時間帯選ばず無料

 キャッシュカードや通帳でのATM利用に対する引き出し利用手数料は、曜日や時間帯に関わらず、いつでも無料。

■『三菱東京UFJ銀行』 大手都市銀行で一番長い無料時間

 2013年12月に無料時間を拡大。平日および土・日曜、祝日の午前8時45分から午後9時までは無料。それ以外の時間帯は108円の手数料がかかる。

■『三井住友銀行』 25・26日なら振込も時間外手数料が無料に

 平日午前8時45分から午後6時は無料。平日のそれ以外の時間帯、土・日曜、祝日は終日108円の手数料が発生する。なお、2016年10月に改定が行われ、それまで預金残高10万円以上であれば時間外手数料は無料だったが、改定後は預金残高にかかわらず108円がかかるように。また毎月25・26日は引き出しだけでなく、カード振込や現金振込も時間外手数料が無料となる。土・日曜、祝日に25日が当たる場合は前日営業日、26日なら後日営業日が対象。両日なら終日ATM時間外手数料が必要。税金や料金払込、振込などは別途振込手数料がかかる。

■『りそな銀行』 ポイントサービスで優遇あり

 平日午前8時45分から午後6時は無料。この時間帯以外および土・日曜、祝日は108円かかる。2015年4月の改定後は、ポイントサービス『りそなクラブ』のステータスポイントによって、108円かかる曜日や時間帯でも利用手数料が無料となる優遇を受けられる。

■『みずほ銀行』マイレージクラブ加入でお得に

 時間帯で細かく分けられているのがみずほ銀行。午前8時45分から午後6時まで無料。平日は、午前8時から無料時間直前までと、午後6時から午後11時に108円、午後11時から翌午前8時に216円かかる。一方、土・日曜午前8時から午後10時は108円、10時から午前0時までは利用不可、0時から翌8時は216円の手数料が発生する。祝日は午前8時から午後11時が108円、午後11時から翌8時が216円となっている。なお、キャッシュカードとクレジットカード、ポイントカードなどの機能を1枚にまとめた『みずほマイレージクラブ』に加入した人は手数料がかかる時間帯でも無料となる。

 新生銀行やゆうちょ銀行のように、曜日や時間帯に関わらず無料となっているところもあるが、ここ数年で改定が行われ、時間外手数料を徴収するようになってきているので注意が必要。提携金融機関やコンビニなどのATMだと手数料が異なる場合があるので、自分が利用している銀行の最新動向を知り、お得に利用したいところだ。

>> さっそく確認! “手数料の満足度”で選ばれた「ネット銀行」ランキング

>> 預金を没収されることも… 「銀行口座」が使えなくなるパターンとは?

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。