【交通事故】損害額が購入価格を上回る!? ハーレー“限定モデル”の稀少価値とは

「ハーレーダビッドソン」限定モデルの稀少価値は、裁判所に認められる? それとも一蹴される?  [拡大する]

「ハーレーダビッドソン」限定モデルの稀少価値は、裁判所に認められる? それとも一蹴される?

 マニアにとって、唯一無二の宝物である“限定モデル”。しかし、趣味嗜好が違えば、同じ価値観を共有することは難しいもの。そこで今回は、過去に起きた交通事故の中から、アメリカンバイクの代名詞「ハーレーダビッドソン」の、客観的価値が争点となった交通事故の裁判を紹介。限定モデルだった同バイクの稀少価値は、裁判所に認められるのか? それとも個人の趣味と一蹴されたのか? 実際の判決と、その認定理由もみていこう。

 事故が起きたのは、2010年8月7日の夕方。京都府宮津市の道路をハーレーダビッドソン(誕生95周年限定記念モデル・生産数3000台)に乗車したAが集団走行していた。このとき、対向車がセンターラインをはみ出し、Aたちのバイクに衝突。事故原因は対向車の前方不注視で、センターライン側へ寄っていることに気づかないまま漫然と走行していたことであるため、Aたちに過失はなかった。

 裁判において、争点のひとつとなったのは“Aのバイクの希少価値を認めるか否か”。対向車側は、「限定記念モデルであるとしても、一般的に価値があることにはならない」とし、損害額は「購入額の100万円か、高くてもせいぜい約130万円である」と主張した。

 しかし、裁判所は「一般量産車と比べて、その価値は高い」と、バイクの希少価値を認め、さらに、「(Aは)100万円以上の客観的価値のある物を100万円で購入しただけ」とし、損害額を230万円と認定した。ただし、「原状回復以上の利益を与えたわけではなく、Aのバイクのもつ“客観的価値”を回復させたものである」としている(2013年8月30日大阪地裁判決)。

 もし、Aのバイクのような“他人の財物”に対する損害について賠償義務を負った場合、自賠責保険では補償されないため、任意の「対物賠償保険」が役に立つ。賠償額が高額になった場合に備え、限度額は無制限にしておくと安心だ。

監修/新橋IT法律事務所 弁護士・谷川徹三氏

制作協力/
株式会社マイト

>>制作協力
株式会社マイト

■補償は厚くしておきたい!
3万2835人が選ぶ自動車保険<商品内容の充実度>ランキング


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。