車好きは要チェック! 乗り放題もある「ユニークな試乗サービス」

”1日乗り放題”を実施しているマツダの「新型ロードスター」 [拡大する]

”1日乗り放題”を実施しているマツダの「新型ロードスター」

 各地の自動車ディーラーで受け付けている試乗サービスは、たいてい所定のコースを10分程度回って終了という、やや味気ないもの。だが、なかにはレンタルや1日乗り放題など、たっぷり走行性能を楽しめるユニークなサービスもある。一部を紹介していこう。

■憧れの名車をレンタル、購入も可能

 箱根・御殿場を拠点とするレンタカーショップ「fun2driveレンタカー」では、初代「フェアレディZ」や「GT-RハコスカR仕様」など、カーマニア憧れのスポーツカー、旧車、名車のレンタルができる。

 同店は、レンタカーショップでありながら一部車の販売も行っている。つまり、まずはレンタカーとして利用し、その乗り心地をじっくりと確かめた後で、気に入ったら購入することもできるのだ。試乗料金は、「GT-RハコスカR仕様」の場合、1.5時間で9980円、6時間で2万5000円、24時間で3万7000円。購入すると試乗のレンタル料金がキャッシュバックされる。

■事前予約で新型車1日乗り放題

 新車販売に合わせ、各メーカーの販売店がユニークなキャンペーンを行うケースもある。例えば、東京、神奈川、埼玉、群馬の関東マツダ全店では、現在、新型ロードスター(「新型ROADSTER」「新型CX-3」「DEMIO」「AXELA」「CX-5」など)の1日乗り放題を実施している。事前予約すれば、午前10時〜午後6時まで、たっぷり最新の走行性能を確かめることができるのだ。

■海外では試乗車を自宅に運んでくれる

 海外のサービスだが、希望する場所で試乗ができる「tred」も面白い。「フォード」「トヨタ」「ホンダ」など10以上のブランドから好みの車種を選んで試乗を申し込むと、tredのスタッフが希望の日時に指定した場所まで車を運んできてくれる。わざわざディーラーまで足を運ぶ手間が省けるだけでなく、自宅近辺や職場の近くといった運転する機会の多い場所で試乗できるのが特徴だ。現段階では、対象地域はアメリカ・シアトルのみに限定されているが、今後の広がりに期待したい。

 こうしたユニークな試乗サービスなら、短時間の運転ではわからない長所・短所も見えてくるはず。ぜひ利用してみてはいかがだろうか。

>> 車を購入する前に・・・ ドライバーが選ぶ<自動車保険>満足度ランキング

>> 休日に行きたい! くつろげる“高級車”の「ショールームカフェ」


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。