50代 満足度ランキング

1位

ソニー損害保険

77.11

相手の方とのやり取りや事故処理などの報告を、担当者とロック付の掲示板の形で文字でやりとりできるので、電話のように聞き取れなかったり、思い違いをしなくて済むところがよかった。文章で残っているので、自分が時間のあるときに落ち着いて読めるし、わからなかったら読み返せる。 また、担当者と直接やりとりできるので安心して少しでも疑問に思ったことやわからないことを質問できるのもよかった。(50代/女性)

2位

三井住友海上火災保険

76.20

相手が弁護士をたててきたので、個人的に連絡出来ず、全て対応してくれ、知識の無い事を率先してやってくれた。結果、任意保険を使わずに済むような交渉をしてくれた。(50代/男性)

3位

セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)

75.97

急にミッションが壊れ動かなくなってしまったが、すぐにタクシーとレッカーを手配してくれた。しかも、目的地までで降りてしまうと、そこから自宅までは補償対象外になってしまうが、そこで待つように指示してくれ、結果、自宅までを対象としてくれた。(50代/男性)

4位

AIG損害保険

75.95

対応して貰った担当者は、家族が事故に遭い…状況がわからない私の代わりに、親身になって話を聞いて貰い…その対応を的確に助言して戴きましました!経験豊富な担当者らしく、この先どういう展開になるかも、事前に話されたみたいで…安心して且つスムーズに処理出来ました!(50代/男性)

5位

東京海上日動火災保険

75.73

自転車との人身事故について、相手との示談交渉を全て任せることが出来て、最終的に自賠責保険の範囲で収まれば、次回の更新時に事故無し等級扱いして貰える点には感謝です。今回は相手方が弁護士をたてられて、自賠責保険の範囲で収まらなかったので、事故有りで更新しましたが、交渉を任せられた点で事故有り更新でも感謝しております。(50代/男性)

6位

損保ジャパン

75.24

自分の場合は駐車場で停車している時にぶつけられました。お互いに怪我はなく相手との交渉でスムーズに進めてもらいました。結果的に自分の思っていたとおりになりました。少し保険を使ったので次回の保険料の心配をしていましたがすばやく対応をしてもらいました。(50代/男性)

7位

三井ダイレクト損害保険

74.97

乗り換えたのが昨年でしたが、すぐにエンジントラブルで、ロードサービスを利用しました。少し待ちましたが、初回限定、無料でサービスを受けられました。(50代/女性)

8位

アクサ損害保険(アクサダイレクト)

74.83

保険を使う際に免責分を使うと来年からの保険料が、変わるので使う・使わないの金額等具体的に検討する材料を提案してもらえた。(50代/女性)

9位

あいおいニッセイ同和損害保険

74.74

事故処理の仕方が全く解らないから、保険会社に全てを任すからと言って私は、相手側との話し合いに一切入っていないので、今どうなっているのかが、わからない状態にもかかわらず、保険会社から、逐一今はどうなっているのかを連絡してくれた事です。(50代/男性)

10位

イーデザイン損害保険

74.53

年式がいっているので、他社では車両保険が選択できないところが多い中、イーデザイン損保では選択が可能なところ。(50代/男性)

10位

SBI損害保険

74.53

最初に相手方との接し方を適切にアドバイスしてくださったので、その通りにするように努めたら、感情的な問題にならずに済みました。また、相手方の自動車整備工場の社長や保険代理店、弁護士等と交渉が難航したようでしたが、しっかりと処理してくださった。(50代/男性)

自動車保険の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP 総合ランキング
評価項目別 加入・更新手続き 商品内容の充実度 保険料 事故対応 調査・認定結果 受取額・支払いスピード ロードサービス
年代別 30代 40代 50代 60代以上
業態別 ダイレクト型 代理店型
法人のお客様へ 調査データのご提供|オリコン顧客満足度

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

オリコン顧客満足度ロゴ
モニター会員登録の案内|オリコン顧客満足度

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
13,569

この自動車保険ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

調査概要

事前調査
2019/06/03〜2019/09/04
更新日
2020/01/06
サンプル数
13,569人(調査時サンプル数16,225人)
規定人数
100人以上
調査企業数
18社
定義
自動車の利用において発生する損害を補償する損害保険のこと。広義での自動車保険は「強制保険(自賠責保険)」「任意保険」の2種類あるが、
「強制保険(自賠責保険)」は加入が義務付けられておりユーザーが選べる保険商品もないため、本ランキングでは「任意保険」を自動車保険と定義する。
調査期間
2019/09/05〜2019/09/20
2018/09/28〜2018/10/04
2017/08/15〜2017/08/22
調査対象者
性別:指定なし 年齢:18歳以上 地域:全国 条件:過去4年以内に自分が運転していて自動車保険を適用したことがあり、かつ、自動車保険へ加入する際に選定に関与した人

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れた回答を除外した上で作成しています。
※「総合ランキング」、「評価項目別」、部門の「業態別」においては有効回答者数が規定人数を満たした企業のみランクイン対象となります。その他の部門においては有効回答者数が規定人数の半数以上の企業がランクイン対象となります。
※総合得点が60.00点以上で、他人に薦めたくないと回答した人の割合が基準値以下の企業がランクイン対象となります。
≫ 詳細はこちら

過去ランキング

推奨意向

継続意向