自動車保険 ランキングTOP

1位

ソニー損害保険

76.03

給付金範囲が分かり易く、スピーディに給付され、自分の思ってた範囲外も可能な説明が有った事に、信頼感が増した。(60代以上/男性)

2位

セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)

75.09

更新時の説明が分かりやすかった。(60代以上/男性)

3位

東京海上日動火災保険

74.87

突然の事故で動転していたが、根気よく話しを聞いてくれて、分かり難かったであろう内容をしっかり整理して確認してくれた。補償の内容なども大切だが、担当者の対応の良さがかなり重要だと思った。(40代/男性)

4位

アクサ損害保険(アクサダイレクト)

74.77

加入、切り替えがしやすかった。更新案内も丁寧。事故ではなく故障だったが対応が迅速だった。(50代/男性)

5位

チューリッヒ保険

74.72

電話での応対はとても丁寧で分かりやすい。相続による名義変更で返金があったが、すぐに振り込まれた。バッテリー上がりでロードサービスを呼んだが、早めの対応で助かった。途中連絡もあり信頼できると思う。ロードサービスマンも丁寧でよかった。(40代/男性)

6位

イーデザイン損害保険

74.70

ロードサービスを、国道行者還林道でタイヤがバースト状でパンクした際に利用しようとしたが、山中でサービスが30km以上離れたところから呼ぶので時間がかかることが判明。地元の自動車修理工場ならすぐに来てくれることを伝えるとその工場と直接交渉してくれ、無事に修理が完了した。その工場はイーデザインの提携工場ではないのに電話一本で全て解決してくれて、費用の一時立て替えなども無く、最小限の時間で帰宅できた。(60代以上/男性)

7位

損保ジャパン

74.58

事故を起こして焦った状態で電話したが、とても丁寧な対応をしてくださり安心した。また、進捗状況を随時連絡いただき良かった。(30代/女性)

8位

AIG損害保険

74.49

スピーディーに対応してくれる。要望をちゃんと実行していただける。(50代/男性)

9位

三井住友海上火災保険

74.35

トヨタのディーラーを通じて入ったので、保険会社のみならず、ディーラーも動いてくれたので、とても良かった。母の車が物損事故を起こした時も、双方が動いてくれたので、安心して手続きができた。(40代/女性)

10位

日新火災海上保険

73.81

担当の方が親切親身になってくれてる。(50代/男性)

11位

SBI損害保険

73.55

車載カメラはありませんでしたが、グーグルマップで事故の場所の特定写真と、双方の車の損傷個所を写真でSBI損保宛に送付したので、事故当時の様子が相手側の保険会社(損保ジャパン)と調整がスムースに運んだことも良かった点と思います。(60代以上/男性)

12位

三井ダイレクト損害保険

73.53

交渉にあたり、状況を的確にとらえ、こちらの考えを的確に判断して、無事交渉を完了してくれました。(60代以上/男性)

13位

あいおいニッセイ同和損害保険

73.46

8月、突然、走行中に車が停止しました。担当者に電話を掛けたところ、即座にロードサービスを案内してもらい、車を運ぶトラックが現場に来てくれました。現場から自宅まで車を移動する費用は、一切かからず、とても助かりました。(30代/女性)

高評企業

規定人数の半数以上の回答があり、総合得点が60.00点以上の企業です。

  • セコム損害保険
  • 共栄火災海上保険
  • 楽天損害保険

調査対象企業18社 実際の利用者13,569人に調査

2020年、自動車保険の顧客満足度ランキング総合1位は、2018年から3年連続で【ソニー損害保険】となりました。7つの評価項目のうち「加入・更新手続き」「事故対応」「ロードサービス」などを含む6項目でも1位を獲得しています。「保険料」では【セゾン自動車火災保険】が2年連続1位を獲得していることから、サービスの特徴が結果に反映されていることが予想できます。また、前年総合2位だった代理店型の【共栄火災海上保険】は、今年は当社既定の回答者数に満たなかったため高評企業となりました。なお、本調査の回答は保険適用者から得ています。

自動車保険の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP ランキングTOP
評価項目別 加入・更新手続き 商品内容の充実度 保険料 事故対応 調査・認定結果 受取額・支払いスピード ロードサービス
年代別 30代 40代 50代 60代以上
業態別 ダイレクト型 代理店型
調査データのご提供 顧客満足度ランキング作成時に調査した、集計データ・調査レポートごご提供いたします。

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

2015年度オリコン顧客満足度ランキング
モニター会員に登録してオリコンランキングに参加しよう!

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
13,569

この自動車保険ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

調査概要

事前調査
2019/06/03〜2019/09/04
更新日
2020/01/06
サンプル数
13,569人(調査時サンプル数16,225人)
規定人数
100人以上
調査企業数
18社
定義
自動車の利用において発生する損害を補償する損害保険のこと。広義での自動車保険は「強制保険(自賠責保険)」「任意保険」の2種類あるが、
「強制保険(自賠責保険)」は加入が義務付けられておりユーザーが選べる保険商品もないため、本ランキングでは「任意保険」を自動車保険と定義する。
調査期間
2019/09/05〜2019/09/20
2018/09/28〜2018/10/04
2017/08/15〜2017/08/22
調査対象者
性別:指定なし 年齢:18歳以上 地域:全国 条件:過去4年以内に自分が運転していて自動車保険を適用したことがあり、かつ、自動車保険へ加入する際に選定に関与した人

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れた回答を除外した上で作成しています。
※「ランキングTOP」、「評価項目別」、部門の「業態別」においては有効回答者数が規定人数を満たした企業のみランクイン対象となります。その他の部門においては有効回答者数が規定人数の半数以上の企業がランクイン対象となります。
≫ 詳細はこちら

過去ランキング

推奨意向

継続意向