自動車保険 総合ランキング

1位

ソニー損害保険

76.03

運転中に前輪ブレーキに違和感があり、目的地のスーパー駐車場で確認すると、タイヤ付近から高熱を発していた。ソニー損保に電話したところ、指定の整備工場まで無料でレッカー移動してくれる、自宅までの交通費も出してくれるとの丁寧かつ親切な説明がすぐにあり、お願いした。レッカー車は30分程度で到着し、非常にスムーズな対応だった。数日後に交通費請求の書類が送付され、手続きした。全体を通して迅速かつ丁寧な案内があり、ソニー損保にして本当によかったと感動した。(40代/男性)

2位

セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)

75.09

急にミッションが壊れ動かなくなってしまったが、すぐにタクシーとレッカーを手配してくれた。しかも、目的地までで降りてしまうと、そこから自宅までは補償対象外になってしまうが、そこで待つように指示してくれ、結果、自宅までを対象としてくれた。(50代/男性)

3位

東京海上日動火災保険

74.87

自転車との人身事故について、相手との示談交渉を全て任せることが出来て、最終的に自賠責保険の範囲で収まれば、次回の更新時に事故無し等級扱いして貰える点には感謝です。今回は相手方が弁護士をたてられて、自賠責保険の範囲で収まらなかったので、事故有りで更新しましたが、交渉を任せられた点で事故有り更新でも感謝しております。(50代/男性)

4位

アクサ損害保険(アクサダイレクト)

74.77

加入手続きはインターネット経由で楽にできたこととインターネット経由で割引もあったところが良かった。また、事故時の受付も思っていたよりも返答が早く処理も早かったところが良かった。(10代/女性)

5位

チューリッヒ保険

74.72

事故の後でちょっとパニック状態でしたが、チューリッヒの事故受け付けのオペレーターの方が親身に話を聞いてくれて安心して気持ちを落ち着けることができ、感謝しています。担当の方も物腰は柔らかい感じだけれども、こちらの主張をしっかり最後まで聞いてくれて信頼感がありました。(30代/女性)

6位

イーデザイン損害保険

74.70

ロードサービスを、国道行者還林道でタイヤがバースト状でパンクした際に利用しようとしたが、山中でサービスが30km以上離れたところから呼ぶので時間がかかることが判明。地元の自動車修理工場ならすぐに来てくれることを伝えるとその工場と直接交渉してくれ、無事に修理が完了した。その工場はイーデザインの提携工場ではないのに電話一本で全て解決してくれて、費用の一時立て替えなども無く、最小限の時間で帰宅できた。(60代以上/男性)

7位

損保ジャパン

74.58

大きな交通事故を2回体験しました。一回目は相手側過失9割で、損保ジャパンさんは素晴らしい対応でした。二回目は自分の過失6割で通勤労働災害でした。自分の会社側や労災手続き等まで損保ジャパンさんが対応して下さり、完璧な対応でした。損保ジャパンさんに任せば安心安全です。怪我入院中も病院まで来て頂き感謝してます。対応が素晴らしいので何の不安もありませんでした。まだ後遺症が残っていますが、怪我を思いだすと損保ジャパンさんの担当者の顔が浮かびます。(30代/男性)

8位

AIG損害保険

74.49

普段、電話での対応が中心なのですが、非常に電話対応がよく話しやすい担当者で、有事の際にも的確にご指示いただけます。 少人数の代理店の方なので、基本的には同じ方が対応して下さるので、もう15年以上のお付き合いになります。支店は東京のようなので、なかなかお会い出来ないのですが印象がとても良い方なので、いつかお顔を拝見したいです。(30代/男性)

9位

三井住友海上火災保険

74.35

スマホで申し込みができ、支払いなどスムーズだった。更新手続きはサインをしただけだったと思うが、とても簡単だった。事故を起こした時は、保険を新しく契約したばかりだったが、夜遅い時間だったにも関わらず、すぐに来てくれて、はじめての事故だったがとても心強く有り難かった。事故後の対応や経過を丁寧に教えていただいた。(40代/女性)

10位

日新火災海上保険

73.81

対物事故をおこしてしまったのですが オペレーターから担当者の方まで電話口の対応が良かったです。マンションの外壁ブロックにぶつけてしまったので管理会社とのやり取りが必要だったのですが全て対応してくださり、スムーズに保険にて修理する事ができました。また随時、電話にて連絡を下さり、何がどこまで進んでいるのかなど細かく詳細を教えてくれていたので安心でした。(30代/女性)

11位

SBI損害保険

73.55

口コミの評判は辛口のものが多く少し不安はあったが、他の保険会社の同等程度の補償内容の保険と比較して保険料がかなり安かったので今の保険会社を選択し、今年で3回目の契約更新になります。それで昨年初めて事故を起こしてしまいましたが、その際たいへん親切な対応をして頂き、車の修理、保険金の支払いに関してもスムーズで大変気持ちの良いものでした。(60代以上/男性)

12位

三井ダイレクト損害保険

73.53

ネットでいつでも契約できるのがメリットだと思い検索したところ、三井ダイレクトが一番安くてよいと思った。実際に契約は簡単にできたことがよかった。事故にあったときや故障で車が動かなくなった時に問い合わせしたところ、すぐに近くの車屋さんから対応してもらい、とても助かりました。今でもそのお店とは仲良くさせてもらっています。(40代/女性)

13位

あいおいニッセイ同和損害保険

73.46

買い物中に駐車場で停止していたら急に車が調子悪くなってしまい、夜になるところで寒いし暗くなって来ていたし急いで自宅に戻らねばならないところだったので、ロードサービスを早急に手配して頂き、子どもも一緒だったので、とても助かりました。車も店舗にすぐに運んで頂いて翌日代車もすぐに手配して頂いたので、とても助かりました。保険で初めてロードサービスや代車サービスを利用したので全くわからなかったので丁寧に説明して頂いて、安心して利用出来ました。ありがとうございました。(40代/女性)

高評企業

規定人数の半数以上の回答があり、総合得点が60.00点以上の企業です。

  • セコム損害保険
  • 共栄火災海上保険
  • 楽天損害保険

調査対象企業18社 実際の利用者13,569人に調査

2020年、自動車保険の顧客満足度ランキング総合1位は、2018年から3年連続で【ソニー損害保険】となりました。7つの評価項目のうち「加入・更新手続き」「事故対応」「ロードサービス」などを含む6項目でも1位を獲得しています。「保険料」では【セゾン自動車火災保険】が2年連続1位を獲得していることから、サービスの特徴が結果に反映されていることが予想できます。また、前年総合2位だった代理店型の【共栄火災海上保険】は、今年は当社既定の回答者数に満たなかったため高評企業となりました。なお、本調査の回答は保険適用者から得ています。

自動車保険の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP 総合ランキング
評価項目別 加入・更新手続き 商品内容の充実度 保険料 事故対応 調査・認定結果 受取額・支払いスピード ロードサービス
年代別 30代 40代 50代 60代以上
業態別 ダイレクト型 代理店型
法人のお客様へ 調査データのご提供|オリコン顧客満足度

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

オリコン顧客満足度ロゴ
モニター会員登録の案内|オリコン顧客満足度

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
13,569

この自動車保険ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

調査概要

事前調査
2019/06/03〜2019/09/04
更新日
2020/01/06
サンプル数
13,569人(調査時サンプル数16,225人)
規定人数
100人以上
調査企業数
18社
定義
自動車の利用において発生する損害を補償する損害保険のこと。広義での自動車保険は「強制保険(自賠責保険)」「任意保険」の2種類あるが、
「強制保険(自賠責保険)」は加入が義務付けられておりユーザーが選べる保険商品もないため、本ランキングでは「任意保険」を自動車保険と定義する。
調査期間
2019/09/05〜2019/09/20
2018/09/28〜2018/10/04
2017/08/15〜2017/08/22
調査対象者
性別:指定なし 年齢:18歳以上 地域:全国 条件:過去4年以内に自分が運転していて自動車保険を適用したことがあり、かつ、自動車保険へ加入する際に選定に関与した人

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れた回答を除外した上で作成しています。
※「総合ランキング」、「評価項目別」、部門の「業態別」においては有効回答者数が規定人数を満たした企業のみランクイン対象となります。その他の部門においては有効回答者数が規定人数の半数以上の企業がランクイン対象となります。
※総合得点が60.00点以上で、他人に薦めたくないと回答した人の割合が基準値以下の企業がランクイン対象となります。
≫ 詳細はこちら

過去ランキング

推奨意向

継続意向