自動車保険 ランキングTOP

1位

ソニー損害保険

76.03

飛び石によるフロントガラス損傷時、車両補償で直すことができた。更新手続き後で保険料の支払いを終えていたがまだ保険開始前だったので、差額を追加で納めた。1等級使うことにはなったが、差額よりも修理費の方が高かったのでトータル的に考えたら満足。(30代/女性)

2位

セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)

75.09

状況報告が電話連絡だけでなくWEBで確認できる点。わざわざ問い合せなくても気になったときにアクセス出来たので。(40代/男性)

3位

東京海上日動火災保険

74.87

保険料の支払いには、事故が起きなかった時の払込リスクと、起きた時のリスク回避の側面が有るので、細かい分類と、其々でいくら削るといくら安くなるかが分かるところが良いと思う。(50代/男性)

4位

アクサ損害保険(アクサダイレクト)

74.77

分割口座支払いが長く継続できる。(60代以上/男性)

5位

チューリッヒ保険

74.72

基本的には迅速。ネット保険であるため処理などは早い。最終的には保険を使用しない場合でもきちんと相談にのってくれた。(50代/男性)

6位

イーデザイン損害保険

74.70

事故車の搬送や病院での支払いに関する対応は的確で早かったが、自己査定が遅くなって代車の手配も遅くなった。(50代/男性)

7位

損保ジャパン

74.58

事故を起こして焦った状態で電話したが、とても丁寧な対応をしてくださり安心した。また、進捗状況を随時連絡いただき良かった。(30代/女性)

8位

AIG損害保険

74.49

事故でレッカーが必要になって場所の説明が難しい場所でしたがどうにか分かってもらえたこと。(50代/男性)

9位

三井住友海上火災保険

74.35

担当者が素早く対応してくれた。(50代/女性)

10位

日新火災海上保険

73.81

物損事故の為保険会社と相手の話し合いで進めていたので私は結果のみ保険会社から連絡がありました。(60代以上/男性)

11位

SBI損害保険

73.55

事故報告を受けつけてからの担当者からの連絡が早く、その後、車の修理までの流れがたいへんスムーズで早かった。その間の担当者からのいろいろな説明も分かりやすく、安心感を得られた。(60代以上/男性)

12位

三井ダイレクト損害保険

73.53

通常だと過去の事例でこちらが8割の負担を7割にしてくれたので交渉力が大事だと思いました。(40代/男性)

13位

あいおいニッセイ同和損害保険

73.46

事故処理の仕方が全く解らないから、保険会社に全てを任すからと言って私は、相手側との話し合いに一切入っていないので、今どうなっているのかが、わからない状態にもかかわらず、保険会社から、逐一今はどうなっているのかを連絡してくれた事です。(50代/男性)

高評企業

規定人数の半数以上の回答があり、総合得点が60.00点以上の企業です。

  • セコム損害保険
  • 共栄火災海上保険
  • 楽天損害保険

調査対象企業18社 実際の利用者13,569人に調査

2020年、自動車保険の顧客満足度ランキング総合1位は、2018年から3年連続で【ソニー損害保険】となりました。7つの評価項目のうち「加入・更新手続き」「事故対応」「ロードサービス」などを含む6項目でも1位を獲得しています。「保険料」では【セゾン自動車火災保険】が2年連続1位を獲得していることから、サービスの特徴が結果に反映されていることが予想できます。また、前年総合2位だった代理店型の【共栄火災海上保険】は、今年は当社既定の回答者数に満たなかったため高評企業となりました。なお、本調査の回答は保険適用者から得ています。

自動車保険の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP ランキングTOP
評価項目別 加入・更新手続き 商品内容の充実度 保険料 事故対応 調査・認定結果 受取額・支払いスピード ロードサービス
年代別 30代 40代 50代 60代以上
業態別 ダイレクト型 代理店型
法人のお客様へ 調査データのご提供|オリコン顧客満足度

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

オリコン顧客満足度ロゴ
モニター会員登録の案内|オリコン顧客満足度

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
13,569

この自動車保険ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

調査概要

事前調査
2019/06/03〜2019/09/04
更新日
2020/01/06
サンプル数
13,569人(調査時サンプル数16,225人)
規定人数
100人以上
調査企業数
18社
定義
自動車の利用において発生する損害を補償する損害保険のこと。広義での自動車保険は「強制保険(自賠責保険)」「任意保険」の2種類あるが、
「強制保険(自賠責保険)」は加入が義務付けられておりユーザーが選べる保険商品もないため、本ランキングでは「任意保険」を自動車保険と定義する。
調査期間
2019/09/05〜2019/09/20
2018/09/28〜2018/10/04
2017/08/15〜2017/08/22
調査対象者
性別:指定なし 年齢:18歳以上 地域:全国 条件:過去4年以内に自分が運転していて自動車保険を適用したことがあり、かつ、自動車保険へ加入する際に選定に関与した人

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れた回答を除外した上で作成しています。
※「ランキングTOP」、「評価項目別」、部門の「業態別」においては有効回答者数が規定人数を満たした企業のみランクイン対象となります。その他の部門においては有効回答者数が規定人数の半数以上の企業がランクイン対象となります。
※総合得点が60.00点以上で、他人に薦めたくないと回答した人の割合が基準値以下の企業がランクイン対象となります。
≫ 詳細はこちら

過去ランキング

推奨意向

継続意向