60代以上 満足度ランキング

1位

セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)

75.91

コールセンターの対応が最初から丁寧できちんと説明してくれた。先方との話も適宜報告してくれ、スムーズに処理してくれた。(60代以上/男性)

2位

ソニー損害保険

75.58

給付金範囲が分かり易く、スピーディに給付され、自分の思ってた範囲外も可能な説明が有った事に、信頼感が増した。(60代以上/男性)

3位

東京海上日動火災保険

75.37

保険を利用した後の等級が変更になるなどの説明を詳しくしてもらった事で納得がいったので。(60代以上/女性)

4位

イーデザイン損害保険

75.20

起因情報を連絡するとディーラー担当者へ直ぐに連絡して車両状況を確認、すぐ修理作業にかかれた。(60代以上/男性)

5位

AIG損害保険

74.90

事故報告時での電話応対時の対応、聞き取り、処理すべき事項等がてきぱきと親切丁寧に説明された。(60代以上/男性)

6位

三井住友海上火災保険

74.71

他社での経験がないので比較できないが、的確な対応で何等問題はなかった。(60代以上/男性)

7位

アクサ損害保険(アクサダイレクト)

74.58

相手とどのように話したら良いかわからない時、電話を代わってもらい後は相手と話さずに事が運んだ。(60代以上/男性)

8位

チューリッヒ保険

74.28

自分の場合は電話だけで基本的に対応でき、簡単で問題なかった。(60代以上/男性)

9位

損保ジャパン

74.20

事故調査対応の正確さ、加入者の意見をよく聞いてくれて最後まで、納得のいく説明と加害者との対応の仕方の指導。病院への支払い、特約金の支払い等スピ−ディであったこと。(60代以上/男性)

10位

SBI損害保険

73.69

車載カメラはありませんでしたが、グーグルマップで事故の場所の特定写真と、双方の車の損傷個所を写真でSBI損保宛に送付したので、事故当時の様子が相手側の保険会社(損保ジャパン)と調整がスムースに運んだことも良かった点と思います。(60代以上/男性)

自動車保険の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP ランキングTOP
評価項目別 加入・更新手続き 商品内容の充実度 保険料 事故対応 調査・認定結果 受取額・支払いスピード ロードサービス
年代別 30代 40代 50代 60代以上
業態別 ダイレクト型 代理店型
調査データのご提供 顧客満足度ランキング作成時に調査した、集計データ・調査レポートごご提供いたします。

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

2015年度オリコン顧客満足度ランキング
モニター会員に登録してオリコンランキングに参加しよう!

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
13,569

この自動車保険ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

調査概要

事前調査
2019/06/03〜2019/09/04
更新日
2020/01/06
サンプル数
13,569人(調査時サンプル数16,225人)
規定人数
100人以上
調査企業数
18社
定義
自動車の利用において発生する損害を補償する損害保険のこと。広義での自動車保険は「強制保険(自賠責保険)」「任意保険」の2種類あるが、
「強制保険(自賠責保険)」は加入が義務付けられておりユーザーが選べる保険商品もないため、本ランキングでは「任意保険」を自動車保険と定義する。
調査期間
2019/09/05〜2019/09/20
2018/09/28〜2018/10/04
2017/08/15〜2017/08/22
調査対象者
性別:指定なし 年齢:18歳以上 地域:全国 条件:過去4年以内に自分が運転していて自動車保険を適用したことがあり、かつ、自動車保険へ加入する際に選定に関与した人

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れた回答を除外した上で作成しています。
※「ランキングTOP」、「評価項目別」、部門の「業態別」においては有効回答者数が規定人数を満たした企業のみランクイン対象となります。その他の部門においては有効回答者数が規定人数の半数以上の企業がランクイン対象となります。
≫ 詳細はこちら

過去ランキング

推奨意向

継続意向