バイク滑走で自動車と衝突炎上… ライダー重傷の事故事例を紹介


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

注意不足が原因で起こったバイクとタクシーの衝突事故事例を紹介する [拡大する]

注意不足が原因で起こったバイクとタクシーの衝突事故事例を紹介する

 二輪車を巻き込んだ事故は、取り返しのつかない結果になる可能性が高い。軽い衝撃でも重傷者を出してしまうことが少なくないため、その動きには常に注意し、事故を防ぐ必要がある。過去に注意不足が原因で二輪車と衝突し、炎上につながったタクシーの事故事例があるので、再発防止策とあわせて紹介しよう。

<事故内容>
 タクシー運転手が交差点で右折しようとした際、進行方向の歩行者信号機に気をとられ、対向車線から直進してきた二輪車に気づかないまま進んだ。その結果、両者は衝突し、二輪車は横滑りして15メートル離れた対向車線上の駐車車両に衝突して炎上。二輪車のライダーは右足くるぶしを剥離骨折する重傷を負った。

<事故原因と再発防止策>
 この事故の原因としては、まずタクシー運転手の確認不足が挙げられる。また、減速不足も考えられるだろう。この運転手は対向車線を確認せずに右折を開始したため、現場に歩行者がいなかったとしたら、減速せずに交差点に進入したことも推察できるのだ。

 交差点に進入する際は、十分な確認を行うのはもちろんのこと、しっかり減速しておかないと危険に気づいても止まることができないうえ、対向車なども見逃しがちだ。過去にも複数、二輪車と自動車の事故事例を紹介しているが、車体の小さな二輪車の存在に気づかなかったというケースは少なくない(関連記事を参照)。二輪車の特性を踏まえ、常に気を引き締めて運転するよう心がけるべきだ。

 万が一、事故を起こしてしまったら、相手方との交渉や車の修理など、多額の費用が発生する。あらかじめ自動車保険の補償を万全にしておくなど対策をとっておくといいだろう。

参照:国土交通省 関東運輸局HP
文:ロックスター 西田

>> 【最新版】事故時に役立つ「自動車保険」満足度ランキング

>> <関連記事>原付の死亡事故事例から学ぶ! 信号のない交差点で注意すべきポイントは?

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。