ドライバーは注意すべき! 運転にまつわる「ローカルルール」


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

地方の運転ではどんなところに注意すべき? 各所の「ローカルルール」を紹介 [拡大する]

地方の運転ではどんなところに注意すべき? 各所の「ローカルルール」を紹介

 運転マナーには地域性がある――ドライバーであれば、そんな話を聞いたり、また体感することがあるかもしれない。実際、運転にまつわるローカルルールは、全国それぞれの地域に存在する。そこで今回は、注意すべき地域を3ヶ所ピックアップして紹介していく。ドライブ前におさえておくといいだろう。

■長野県/松本走り

 城下町で細い道が多い長野県松本市では、右折車で渋滞することがしばしばある。こうした交通事情を回避するために生まれたといわれるのが、“右折至上主義”の「松本走り」だ。

 例えば、「対向の直進車が交差点に接近していても右折する」「対向車が左折する隙を見計らって右折する」「信号が赤に切り替わっても前車について右折する」など。松本市や松本警察署は、2003年9月に「交通マナー向上運動」をスタートさせ、バスやタクシーなどに「交差点での強引な右折禁止!」のステッカーを貼るなどの対策をとっている。

■愛知県/名古屋走り

 交通事故死が多い県として知られる愛知県。他の都市に比べ交通量が多いことのほかに、「名古屋走り」と呼ばれる運転も要因のひとつとして挙げられているようだ。

 その走り方は、「信号が黄色でも進む」「青になった途端、交差点内で対向の直進車より先に右折する」「右矢印のときに左折する」といったスタイル。2013年には県知事が「名古屋走りの根絶などに強力に取り組んで参ります」とツイートしたことでも話題になった。

■愛媛県/伊予の早曲がり

 “愛媛県でよく目撃される走行方法”ということで名付けられたといわれる「伊予の早曲がり」。交通ルールでは、交差点では直進車や左折車の進行を右折車が妨害してはならず、交差点において右折車の進行は優先順位が最も低い。だが、この「伊予の早曲がり」は、信号待ちの状態から交差点を右折する際に、信号が赤から青に変わったと同時に急発進し、対向直進車や左折車より先に右折するというもの。大胆な走行に驚く直進車や左折車は多いだろう。

 一方で、「対向車にパッシングで動物の死骸の存在を知らせる(北海道)」や「鹿優先ルール(奈良県)」など、思いやりと助け合いの精神溢れるルールもあるようだ。

 車で地方に出かける際は、こうしたローカルルールの有無を頭の片隅に入れておくのがおすすめだ。

(オオノ・ヨウコ)

>>ドライブ前に確認! 商品内容の充実度で選ばれた【自動車保険】ベスト10

>>もし車で野生動物と衝突したら… おさえておくべき「対処法」とは?

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。