住宅ローンも「ネット銀行」がお得! 各社の特徴&金利を紹介

住宅ローンを利用した場合、金利はいくら? ネット銀行各社を徹底比較! [拡大する]

住宅ローンを利用した場合、金利はいくら? ネット銀行各社を徹底比較!

 住宅ローンの金利が過去最低といわれる今、重要なのは複数の銀行のローン金利や内容を比較検討することだろう。そうすることで、より自分が納得できる契約が結べるはずだ。検討する際は、店舗に出向く必要がなく、金利も低いネット銀行をぜひ候補に入れてほしい。いくつかピックアップしたので、それぞれの特徴を紹介していこう。

■住信SBIネット銀行
 住信SBIネット銀行の金利は、変動金利かつ通期引下げプランの場合で0.568%、固定金利20年かつ当初引下げプランで0.96%となっており、メガバンクなどに比べるとはるかに低い。保証料や団体信用生命保険料、繰り上げ返済手数料などは無料で、女性であれば保険料無料の「ガン診断給付金保障」がついてくる。

■じぶん銀行
 申し込みから契約まで、すべてネット上で完結できるじぶん銀行。こちらも保証料は無料で、がんと診断された場合、ローンの残高が半分になる保障やauユーザー限定の特典もある。金利は、変動金利かつ全期間引下げプランの場合で0.497%、固定金利10年かつ当初引下げプランで0.770%。

■ソニー銀行
 ソニー銀行の「変動セレクト住宅ローン金利プラン」の場合、自己資金が10%以上で金利は0.499%になる。取り扱い手数料はかかるが、保証料や団体信用生命保険料、繰り上げ返済手数料はすべて無料。また、専任のローンアドバイザーがサポートしてくれるため、気軽に相談できるのもポイントだ。ちなみに固定金利については、自己資金10%以上の「住宅ローン金利プラン」3年で0.650%となる。

■イオン銀行
 イオン銀行の住宅ローンを契約すると、イオングループでの買い物がいつでも5%オフになる。保証料や団体信用生命保険料は無料で、金利は変動金利プランの場合で0.570%、当初固定特別金利プランは10年で0.790%となっている。

■楽天銀行
 楽天銀行の住宅ローン(金利選択型)は、保証料や繰り上げ返済手数料、団体信用生命保険料は無料。借り入れ期間中に金利タイプの変更が可能な点も特徴で、その時々の状況に合わせて自分で設定でき、計画的に返済できる。また、契約時に必要な諸費用の一部を借入額に含むこともできるので、初期費用を用意する負担を軽くすることも可能だ。金利は、変動金利の場合0.514%、固定金利10年の場合1.019%となっている。

 どこも一般銀行より金利が安いうえ、それぞれに特徴があるので、選択肢に入れない手はないだろう。シミュレーションもできるので、自分にあった1社をぜひ見つけてほしい。

※掲載されている情報は2016年6月2日時点のもの

文/ロックスター 西田

>> 《最新ランキング》 預金金利の満足度で選ばれた「ネット銀行」ベスト6

>> りそなが大手銀行で初! 「印鑑レス手続き」本格導入のメリットは?

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。