ペット保険「加入時の年齢は0歳が過半数」 ペット保険に関する調査結果

ペット保険に関する調査結果を発表(画像はイメージ) [拡大する]

ペット保険に関する調査結果を発表(画像はイメージ)

 ペットの家族化や、動物医療の発達に伴うペットの長寿化といった背景を受けて、ペット保険に対する認知が向上しています。矢野経済研究所の「ペットビジネスに関する調査」によると、ペットの飼育数は横ばいながらペット関連サービスの市場は拡大傾向にあり、ペット保険などのサービスは今後も需要の増加が見込まれるようです。今回はペット保険に実際に加入したことのある男女1315人に調査を行い、回答を得た結果をまとめました。

【調査結果概要】
・契約前に重視した点は、「手続きの容易さ」「補償内容の充実度」「保険料」
・契約前に参考にした情報は「動物病院」「インターネット」「各社ホームページや資料」
・特に20〜30代はSNSから情報を得る傾向がある
・加入時のペットの年齢は0歳が過半数
・加入経路はインターネット、ペットショップからの紹介が多い
・アクサダイレクト、ペットメディカルサポート(PS保険)は他社からの乗り換えが多い傾向がある

■契約前に重視したのは「手続きの容易さ」「補償内容の充実度」「保険料」

 ペット保険への加入を検討する際、どんな点を重視しているのかについて調査したところ、「加入・更新手続きの容易さ」「補償内容の充実度」「補償内容に対する保険料」が重視されていることが分かりました。特に60代以上は、加入・更新・給付金にかかわる「手続きの容易さ」を重視する傾向にあるようです。

■参考にしたのは「動物病院」「インターネット」、SNSでの情報収集も

 ペット保険への加入を検討する際、どんな情報を参考にしているのかについても調査を行ったところ、最も多く参考にされていたのは「動物病院」、次いで「インターネット」、「各社ホームページや資料」といった順でした。さらに、20〜30代はSNSから情報を得る傾向にあることも分かりました。

■「0歳から加入」が過半数、ネットやペットショップ経由で加入

 加入時のペットの年齢については「0歳」と答えた人が過半数という結果に。さらに加入経路については「インターネット・ペットショップからの紹介」が多いことから、ペットショップでの購入時に、同時にペット保険に加入する人が多いと推測されます。

■アクサ・PS保険は他社乗り換えが2割

 加入経路を企業別に見ると、アクサダイレクトとペットメディカルサポートは「インターネットから加入」が特に多く、いま加入しているペット保険が「初めて加入したもの」か、それとも「他社から切り替えたもの」かどうかを問う設問では、アクサダイレクト、ペットメディカルサポートは約2割が他社からの乗り換えという結果も出ていました。

【調査概要】
調査時期:2018/06/18〜2018/06/28
回答者:20歳以上の男女1315人
調査地域:全国
条件:以下の条件を満たしている人を対象者とする。
(1)ペット保険加入時に選定に関与した人
(2)過去3年以内に飼っているペット(犬・猫)が病気やケガで通院や入院、手術を受けた際に、加入しているペット保険を適用し、保険金を受け取ったことがある人

【回答者属性】
男女比:男性50.6% 女性49.4%
年代比:20~30代 17.1% 40代33.9% 50代 35.1% 60代以上 13.8%

>> ペット保険にまつわるトラブルとは? 保険対象をよく確認しよう

>> 実際に通院した人が選んだ【ペット保険】1位は…

タグ
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。