料理や飲み物でウォーターサーバーの水を使うといい?

  • 料理や飲み物によってはウォーターサーバーの水を使うと良い

 ウォーターサーバーの水を使うと料理や飲み物が美味しくなるって本当ですか?最近ウォーターサーバーを導入した友人が「ご飯が美味しくなった」「コーヒーが美味い」などとしきりに褒めていたのですが、私は気のせいなんじゃないかと思っています。(私は料理の専門家ではないので、そこまで微妙な味は味わい分けられないのかもしれませんが・・・)水を変えるだけでそこまで味が変わるものなのでしょうか?

水を変えるだけで料理の味に変化あり!

 まず結論から言いますと、水を換えることで確かに味は変わります。
 料理や飲み物の味を変えるカギとなっているのが「硬度」です。1リットルの水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を表したもので、世界保健機関(WHO)の基準によると、硬度が120mg/L以下ならば軟水、120mg/L以上は硬水となっています。

 同じ水であっても硬度によって口当たりが異なり、軟水は口当たりがまろやかで、硬水は重たくしっかりとした味わいです。また同じウォーターサーバーの商品であっても、硬度が違えば微妙に味わいが異なります。無味無臭の水でもはっきりと違いが分かるため、コーヒーやミルクティーのように味がある場合はよりはっきりと変化を感じることができるでしょう。

 ウォーターサーバーでは会社や商品によってそれぞれ硬度が違っています。体験プランなどを活用して味の違いを確かめてみると面白いかもしれません。

軟水に向いている料理・飲み物

 和食を作る場合は軟水が適しています。硬水のようにカルシウムやマグネシウムの含有量が高いと旨味成分が溶けにくくなってしまい、繊細な味が出しにくくなります。煮物や汁物などを作る際にも軟水がお勧めです。野菜に水分が浸透して柔らかく煮ることができます。

 軟水と硬水の違いを特に実感できるのが米です。軟水で米を研いだり、軟水で炊いたりすると米がふっくらと仕上がるようになります。

 また軟水に適した飲み物としては、緑茶が挙げられます。硬度が低いほど茶葉の旨味成分が抽出されやすくなります。

硬水に向いている料理・飲み物

 洋食や肉料理を作る場合は硬水がお勧めです。硬水に含まれるカルシウムが肉の臭み成分を消してくれます。肉や魚のスープを作る場合も硬水がお勧めです。アクが出やすいため、しっかりとアク抜きができて綺麗に透き通ったスープに仕上がります。逆に軟水の場合はデリケートな食材からもうまみ成分をうまく引き出すことができます。。水の使い方の上級編としては、「アク抜きの段階では硬水を使い、仕上げに軟水を使う」というテクニックも知られています。

 チャーハンやピラフのようにパラパラした米を炊きたい場合は、硬水がお勧めです。硬水に含まれるカルシウムが食物繊維に作用して、パラッと仕上がります。家庭で本格的な味わいを楽しみたい方は硬水を使ってみましょう。

 またコーヒーや紅茶は硬水が向いています。コーヒーの酸味や、紅茶の香りがより強くなります。アイスにする際も硬水がお勧めです。

食文化と密接な水

 日本は軟水で、和食は軟水に向いています。
またヨーロッパは硬水で、洋食は硬水に向いています。
このように水の硬度は食文化と密接な関係にあるといえるでしょう。

 食材や茶葉・コーヒー豆にこだわるのも大切ですが、料理や飲物に合った水を選ぶことでより本格的な味わいとなります。料理好きの方はもちろん、食のクオリティを上げたい方はウォーターサーバーのお水を使ってみてください。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。