水の種類〜海洋深層水とは〜

  • 水の種類〜海洋深層水とは〜

 太陽光も届かない深海から汲み上げられた海洋深層水。水道水と比べ、非常に多くの栄養が含まれていることが分かっています。その豊かな栄養分が注目されて、近年はミネラルウォーターやウォーターサーバーなどで見かける機会も増えてきました。さて、この海洋深層水には具体的にどのような特徴や成分があり、またどのようなメリットや効果を私たちに与えてくれるのでしょうか?

海洋深層水とは

 海水は水深200m付近を境に水温が急激に冷たくなります。「海洋深層水」とは太陽光の届かない200メートル以深にある海水のこと。一方、太陽光が届き、活発に光合成が行われる海水や湖水を表層水といいます。

 海洋深層水はグリーンランド沖や南極海などで冷やされた海水が底に沈み、約2000年の年月をかけて地球の海域を一巡しながら広がってきました。その大規模な循環によって、水そのものがきれいに浄化され、豊富なミネラルを含み、深みのある味を形成したと考えられています。

 世界で初めて海洋深層水が汲み上げられたのは大正時代後半〜昭和初期にかけて、フランスの科学者がキューバで行った海洋温度差発電実験が最初だと言われています。

海洋深層水の特徴

海洋深層水の特徴は次の4つに集約することができます。

清浄性
 海洋深層水は人間の活動で汚染された河川水の影響を受けません。太陽光が届かないためプランクトンは成育せず、有害な雑菌は表層水の千分の1です。このため、海洋深層水は表層水と比べてはるかに清浄な水といえます

豊富な無機栄養塩類
 海洋深層水は植物プランクトンが少なく、無機栄養塩類が植物プランクトンに分解されない状態で残されています。沈降した魚類の死骸が分解されないまま残ります。そのため、NO3-ショウ酸態窒素、PO4-リン酸態リン、Si ケイ素などの無機栄養塩類が豊富に含まれています。

低温安定性
 表層水とは異なり、海洋深層水は水温をはじめとする環境が一定しています。そのため、成分もまた年間を通して一定となり、水質の安定性が高くなります。

多種多様のミネラルがバランスよく含まれている
 ミネラルは細胞や神経の働きに重要な役割を果たす栄養素です。海洋深層水はカリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、セレン、亜鉛、鉄など、様々なミネラルがたっぷり含まれています。

海洋深層水の効果

 海洋深層水は効能効果の研究が進められており、アトピー性皮膚炎に対する一定の効果が認められました。また、海洋ミネラルには糖尿病マウスの血糖値を安定させる効果も見つかり、糖尿病などの生活習慣病を予防する効果が期待されています。偏った食事になりがちな方は、海洋深層水のミネラルに注目してみてはいかがでしょうか。

海洋深層水の飲み口

 普通、海水はしょっぱいものですが、同じ海水でも海洋深層水は加工されているためしょっぱさを感じません。商品によって味は異なることがありますが、硬度が高めなため、飲み口はきつめです。ただし、硬度が低めに調整された商品もあるので、マイルドな飲み口のものを探している人はこちらを探してみるとよいでしょう。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。