バイクの任意保険にも等級はある? 初めて入る人のためのバイク保険の基礎知識

 自動車保険に入っていても、バイクを持っていなければ「バイク保険にも等級がある」という基本的な知識をはじめ、バイク保険についてよく知らない人も多いでしょう。ここでは、新しくバイクを購入する人が知っておきたい、バイク保険に関する基礎知識をご紹介します。

バイク保険の基礎知識

 バイク保険には、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険」と、加入が自由な「任意保険」があります。また任意保険には、自動車保険と同様に等級制度もあります。それぞれどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

■自賠責保険と任意保険

 バイクを購入すると、排気量や車種を問わず、自賠責保険に加入しなければなりません。注意しなくてはならないのは、車検が必要な250cc以上のバイクは、車検時に自賠責保険を更新しますが、250cc未満のバイクは自分で更新の手続きをする必要があるということです。

 一方、加入が義務付けられていない任意保険は、自分で保険会社を選んで加入します。補償範囲については、後で詳しくご紹介しますが、任意保険は基本的に自賠責保険でカバーしきれない部分を手厚く補償してくれる役割を持っています。

 バイクは、自動車と比べれば比較的手軽に購入できます。しかし、運転手は外装に守られるわけではありませんから、事故の際に自分がケガをしてしまうリスクが高いとされています。もしものことが起こったときに自己負担を抑えるためにも、バイク保険は自賠責保険と任意保険の両方への加入が推奨されているのです。

■補償範囲は?

 自賠責保険の補償範囲は、事故を起こしてしまった際の「対人賠償」です。保険金の限度額は被害者1人につき、死亡時に3000万円、傷害時に120万円、後遺障害となると4000万円となっています。

 しかし、昨今の事故補償は、事故で被害者が亡くなった場合や重症を負った際、賠償金が数千万円から1億円以上となってしまうケースも少なくありません。そこで、自賠責保険では足りない部分を、任意保険でカバーするのです。また、自賠責保険では補償範囲外となっている、ライダー自身のケガによる医療費などの「搭乗者傷害」や、他人の車や物を破壊してしまった際の「対物賠償」も補償範囲となっています。

■等級制について

 バイクの任意保険にも、自動車保険と同様に等級制度があります。任意保険の保険料を決める際、等級は排気量や加入者の年齢とともに、基準の一つとなります。等級は自動車保険と同様、1等級から20等級まであり、契約開始時は6等級からスタートします。1年間無事故の場合は翌年に1等級上がり、等級が高いほど保険料の割引率も高くなるというしくみです。逆に、契約期間中に事故を起こした場合、事故の種類によっては翌年に等級が1等級、もしくは3等級下がります。

車両保険に入れないケースも

 バイクの任意保険の加入先を検討する際に、車両保険について注意が必要です。大手損保会社のバイク保険には、車両保険に加入できる会社が多い一方で、ダイレクト型(通販型)のバイク保険の場合は、車両保険を取り扱っていない会社が多いという特徴があるのです。

 保険料の安さが魅力で加入したものの、車両保険の補償内容である盗難や単独事故といったトラブルの際に補償を受けられないのでは、結局、自己負担が大きくなってしまいます。自分が加入したい保険会社は車両保険を扱っているかどうか、しっかりチェックしておきましょう。

自動車保険は利用できるの?

 すでに自動車保険に加入している場合、バイク保険に入るときに「自動車保険の等級を引き継ぎできるのではないか?」と考える人もいるでしょう。しかし、残念ながら自動車保険からバイク保険への等級の引き継ぎは、原則不可能となっています。同様に、バイク保険から自動車保険への等級の引き継ぎもできません。自動車保険とバイク保険は、それぞれ独立しているということです。

 自動車保険の等級が高い人は引き継ぎができず、残念に思うかもしれません。逆に、自動車保険で「事故有係数」(※)が適用されていても、バイク保険に新規加入すると、通常の6等級からスタートできます。

※同じ等級でも、前年に事故で自動車保険を使った場合には低い割引率(事故有係数)が適用され、無事故で1等級アップしてその等級になった人に比べて、保険料の負担が大きくなります。

自動車保険とバイク保険は大きく異なる

 今回は、バイク保険についてご紹介してきました。覚えておきたいのは、自動車と同様に「自賠責保険だけでは補償範囲が足りない」ということ。そして、「自分自身も死傷しやすいバイクだからこそ、任意保険に入るべき」ということと、「自動車保険の等級は引き継ぎができない」ということです。いずれにせよ、事故の際のリスクを軽減するために、任意保険への加入は必須と考えたほうがよさそうです。
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。