部分痩せは本当に可能? たるんだ二の腕、お尻の引き締め術

夏の海に、ビキニで飛び込める自信ある? [拡大する]

夏の海に、ビキニで飛び込める自信ある?

 久々に体重計に乗ってみると、その数字に驚愕! という経験をした人は、決して少なくないのでは? 二の腕から腰回り、お腹に太もも…痩せたい部分を挙げればきりがないのに、我流ではなかなか難しいのもまた“部分痩せ”。そこで、エステの現場ではどのような痩身メニューがあり、痩せたい部位と相性が良い施術にはどんなメニューがあるのかをみてみよう。

■セルライトでたるんだ二の腕には『リンパマッサージ』

 ノースリーブのワンピースを着たいけど、たるんだ二の腕やワキのぜい肉が気になる…。そんな腕周りをサイズダウンさせるのに有効と言われているのが『リンパマッサージ』。ワキはリンパが集中している部位で、そこから腕にかけて集中的にリンパを流すマッサージをすることで、スラッとした二の腕に近づける。自宅で行う場合は、風呂上りなど体温が上昇している時に、オイルなど滑りのよいものを使おう。ただし、強すぎるマッサージは逆効果となるので要注意を。

■お尻と太ももには『トリプルバーン』と『キャビテーション』

 お尻と太ももは、セルライトと皮下脂肪の付きやすい部位。まず、セルライトで凸凹になった肌表面を滑らかにし、筋肉運動により効果的に脂肪を燃焼させる『トリプルバーン痩身』が特に相性のいいメニューといえる。 また、超音波振動でセルライトを減らしていける『キャビテーション痩身』も効果が高いと言われている。サイズダウンに成功した後に、O脚やX脚の矯正、またヒップアップを目指す場合は、骨格から矯正していく骨盤ダイエットも適している。

 このほか、近年注目されているのは、皮膚を傷つけることなく深層まで温熱を届けていく『サーマスター(ラジオ波)』や、インド発祥の全身トリートメント『スロータス』、ボディに振動を与えながらセルライトをケアする『G5』などもある。夏休みを目の前に控え、自己流ダイエットで思うような結果がでないと感じたら、プロの腕前をチェック。エステで実際されている“部分痩せ”の体験プランでは低価格のメニューが多く、巧く活用してみてはどうだろう?

>>エステ選びに失敗したくない・・・
経験者の満足度で選ばれた『エステサロン“痩身”ランキング』

タグ

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。