隠れ乾燥肌かも!? 美容成分の働きから考える相性のいい保湿ケア

 様々なトラブルを引き起こす“肌の乾燥”。化粧水を何度も重ねづけしているのに潤い不足を感じたら、自宅でのセルフケアが限界なのかも…。自分流のケアで肌の乾燥を進行させてしまう前に、良い状態にリセットさせるエステサロンでの保湿ケアを検討しましょう。
>>体験者が「フェイシャル」満足度で選んだ『エステサロンベスト22』

自己診断は待って! オイリー肌だと思っても、実は“隠れ乾燥肌”かも

 日本人女性の皮膚はもともと、お肌の表皮内で保湿能力を左右するタンパク質『フィラグリン』が他国女性に比べて少なく、その分解能力も低いとのこと(クリニークの研究結果による)。もし「皮脂が多いから脂性肌だ」と思っているとしても、実は内部が水分不足の状態となっている“隠れ乾燥肌”の可能性だってあるのです。

 また乾燥といえば“秋冬の悩み”と捉えがちですが、夏も乾燥のダメージにさらされています。冷房の効いた室内では、暖房と同じく乾燥を促し、照りつける太陽からの紫外線の刺激を受ければ、角層の水分保持力は減退していきます。

 乾燥肌の保湿力を高めてくれる成分といえば、ご存知「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」が代表的。しかし、同じように保湿効果を持っているようにみえて、働きはそれぞれ異なるので、改めてその成分と働きをおさえておきましょう。

【セラミド】

【コラーゲン】

【ヒアルロン酸】

水分や油分を溜め込み、肌のバリア機能も担ってくれる優秀成分。肌表面に水分と油分のバリアを張り巡らせて、水分蒸発を防ぐと同時に、外的刺激が肌の奥へ伝わるのも防いでくれます。

肌組織の大部分である「真皮」の主成分。弾力のある繊維状の構造の隙間に水分や油分を取り込んでいることで、保湿成分として働き、さらに肌にハリももたらします。シワやたるみは、このコラーゲンの働きが弱まることで起きています。

角質層で水分を蓄えている成分のひとつ。ヒアルロン酸1gで5,000〜6,000倍(5〜6リットル)もの水分を抱え込むことができます。その驚異的な保湿能力により、コラーゲンの働きをサポートし、張りを保ってくれます。

パラフィンパックに生コラーゲンパック!メニュー豊富なエステ選びを

 これらの配合された化粧品は数多くありますが、より効果的に、深く肌に浸透させたい場合は、やはりプロのテクニックに委ねるのがいちばん。サロンでも、積極的にこれらの成分を含んだパック剤やジェルが使われ、“プラスα”としてリンパに沿ったハンドマッサージでじっくりとトリートメントすれば、芯から潤ったぷるぷるのお肌が手に入るのです。乾燥肌の人なら、ビタミンは保湿成分をたっぷりと含んだ「パラフィンパック」や「生コラーゲンパック」といったフェイシャルパックに、ピーリングによるターンオーバーの促進から始める肌改善もおすすめ。

 海の恵をつかった『タラソパック(海藻パック)』なら、海藻からフコイダンなど美容成分だけを抽出してそこにコラーゲンなどを混ぜたタイプや、海藻の粉末と海水、海泥をすべて混ぜてペースト状にしているタイプ、さらには香りのよいハーブ類を含ませたタイプもあります。こうした豊富なメニューのなかから、自分に合った施術を選べるのもサロンならではの魅力。

 ずっと美しくあるために、保湿ケアを欠かすことはできません。エステで受けられるフェイシャルの相場は、1回につき8,000円〜12,000円程度。がんばった自分へのご褒美として、また特別な日の前日などにはぜひ! プロの保湿ケアを取り入れて、慢性的な乾燥の悩みとサヨナラしませんか?

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。