低コストで高性能!? 注目の「自動車リサイクルパーツ」って何?


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

自動車のリサイクルパーツが注目されている昨今。使うメリットは? [拡大する]

自動車のリサイクルパーツが注目されている昨今。使うメリットは?

 古い製品をメンテナンスして再利用するリサイクルは、洋服や家具などのイメージが強い。だが、昨今は「自動車のリサイクルパーツ」も注目されている。ドアやエンジンなど、修理の際にあえてリサイクル品をチョイスする人もいるようだが、新品に比べてどんな利点があるのだろうか? 特徴を紹介しよう。

■「リユース品」と「リビルト品」

 まず、自動車のリサイクルパーツは大きく2つに分けられる。ひとつは「リユース品」で、使用済みの車両を分解し、再利用できる部品を洗浄、厳正な機能検査を経て利用されるもの。もうひとつは「リビルト品」といって、摩耗および劣化してしまった部分だけを新品と交換するなどして修復し、再度組み立て直した部品だ。

 どちらもしっかりした検査を経ているので、品質は安心。特にリビルト品は、新品よりも高性能なものさえあるといわれる。加えて、新品価格の3割から6割程度の値段におさえることができるので、修理費用の大幅カットも可能だ。

■ CO2削減効果があり環境にやさしい

 環境にやさしい点も特徴のひとつ。「NGP日本自動車リサイクル事業協同組合」の発表によると、修理時にリサイクルパーツを使用することにより、真新しい部品を製造する際に発生するCO2を大幅に削減できるという。

 NGPが「富山県立大学」「明治大学」と共同で行った実証実験で、新品とリサイクルパーツを生産する際に生じるCO2排出量を算出したところ、1300cc 小型車のフロントドアで70キロ、エンジンで286.2キロの削減効果があることがわかった(出典:NGPエコプロジェクト/最新バージョン情報Ver.NGP1604)。

 杉の木1本が吸収するCO2は、年間で約14キロといわれているため、環境への貢献度は極めて高い。リサイクルパーツを使った自動車の修理が普及していけば、相当量のCO2排出を防ぐことができるはずだ。

 なお、NGPではリサイクルパーツを活用している全国の自動車整備工場を検索できるサイト「NGPエコひろば」も運営。興味がある人は、ぜひ活用してみてはいかがだろう。

(オオノ・ヨーコ)

>> 【30代〜50代以上】ドライバー満足度の高い「自動車保険」どこ?

>> 「カーナビ」主要メーカー4社の“最新モデル” 特徴を一挙紹介

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。