ペーパードライバーにおすすめ! 手厚い運転スクール【5選】


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

ペーパードライバーやライダー向けに講習を実施している“スクール”を紹介! [拡大する]

ペーパードライバーやライダー向けに講習を実施している“スクール”を紹介!

 自動車やバイクの免許は取得したものの、長い間運転していない…というペーパードライバーやライダー向けに、講習を実施している場所は多い。実際のところ、講習はどのような内容で、費用はどれくらいかかるのか? 5つピックアップして詳細を紹介する。 

■脱!ペーパードライバー講習/MEGA WEB
 お台場にあるトヨタ自動車のテーマパーク「MEGA WEB」では、「脱!ペーパードライバー講習」が不定期で開催されている。スムーズな走行を習得する「コース周回トレーニング」をはじめ、上手な車庫入れや縦列駐車を習得するトレーニングも実施しており、費用は300円。車両は気に入ったボディタイプから選ぶことができるため、今後乗る予定がある自家用車やレンタカーにあわせれば、より実践的な講習になるだろう。

■ペーパーライダースクール/ヤマハ
 免許取得からブランクがある人や運転技術に不安を感じている人に向け、ヤマハが運営しているスクール。2時間で 1万6200円のマンツーマン講習では、バイクを安定させるために必要な“内股全体でタンクを挟み、かかとを車体にあてる”という基礎技術「ニーグリップ」の練習にはじまり、加速や減速、8の字走行、慣らし走行など、それぞれのテクニックに対して丁寧に指導してくれる。

■トヨタドライビングスクール東京
 トヨタドライビングスクール東京では、「基礎のおさらい」や「とにかく駐車練習」など、苦手なスキルやニーズに応じたコースを多彩に用意している。インストラクターがマンツーマンで指導してくれるため、悩みに応じた講習を受けることが可能だ。組み合わせも「2時間コースと4時間コース」「MT車かAT車」「教習所内または路上さらに高速道路」などからセレクトできる。費用はシーズンによって異なるが、2時間コースで1万7486円から。

■SG東京
 出張講習を実施するSG東京では、独自の教習カリキュラムを展開。まずは、ペーパードライバー教本でしっかりと運転理論を頭に入れたうえで、インストラクターが見本運転を行い、それを踏まえて実践するというのがスタンダードな内容だ。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の決まったエリアであれば出張料金は無料で、マイカー教習は2時間1万2000円、教習車では1万3000円からとなっている。ちなみに、5時間教習の受講により、約8割が「駐車込みで近隣のデパートやスーパーへ行って帰ってくる事ができるレベル」になるという。

■セーフティ・ペーパードライバー・サポート
 女性のペーパードライバー専門で、運転技量やクセを見極めてじっくりと教えてくれる教室。妊娠中であれば体に配慮しながら進めるなど、きめ細かくケアしてくれる。料金は「出張費用や消費税込みで追加料金なし」とわかりやすく、ペーパードライバー歴などに応じてさまざまなプランを展開。例えば、ペーパー歴5年未満の女性を対象にした「クイックプラン」は、2日間(2回)で3万1500円。しっかり練習したい人向けの「プレミアムプラン」は10万5000円と、基本プランだけでも5つ用意されている。

 まずは公道に出るにあたり不安なことを伝えつつ、自分にとって最適な講習を選んでみてはいかがだろうか。

(オオノ・ヨーコ)

>>特約など「任意保険選び」に役立つ 自動車保険【満足度ランキング】

>>自動車保険の「事故対応」って実際何する!? 代理店型とダイレクト型の違いも紹介

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。