車好きにオススメ! マイカーで走れる「日本の主要サーキット」3選


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

富士山を間近に望む「富士スピードウェイ」のレーシングコース [拡大する]

富士山を間近に望む「富士スピードウェイ」のレーシングコース

 世界的なモータースポーツイベントが行われる国際レーシングコースとして、日本では「鈴鹿サーキット」や「富士スピードウェイ」などがよく知られている。数々の名勝負を繰り広げている場所だが、実はマイカーで走れることをご存じだろうか? 今回は、憧れのコースでトップレーサー気分になれる“体験走行”を実施しているサーキットを3ヶ所紹介する。車好きはぜひチェックしてほしい。

■鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)

 「F1日本グランプリ」「鈴鹿8時間耐久ロードレース」などが開催される、国際レーシングコースを中心としたレジャー施設。アイルトン・セナやミハエル・シューマッハといった伝説的F1ドライバーも挑んだ、約5.8キロのフルコースを愛車で走れる「マイカーラン」を行っている。直近では、2016年8月11日〜14日にかけ、「夏休みマイカーラン」を各日84台限定で実施予定。申し込みは8月7日まで受け付けているが、定員になり次第終了する。

■富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)

 全長1.475キロに及ぶ世界有数のロングストレートで知られるサーキット。「FIA世界耐久選手権」「スーパーフォーミュラ」といった国際レースが開催されており、かつてはF1日本グランプリも行われていた。レースとイベントの開催時を除く所定日の正午から体験走行を実施していて、2100円の券を購入すれば、ペースカー先導のもと愛車でコースを3周できる。また、普通免許でレーシングカーを運転できる「体験走行86レンタル」も実施している(20歳以上)。

■ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)

 4輪の「SUPER GT」、2輪の「日本グランプリ」など、国内外のモータースポーツイベントを開催しているレース場。過去には世界最高峰の2輪ロードレース「MotoGP」も行われた。マイカーやバイクでコースを走る「サーキット・クルーズ」を実施していて、体験後は走行証明書が発行される。

 国際規格のサーキットを走る体験は、モータースポーツファンでなくとも興奮ものだろう。今回紹介した3ヶ所は、それぞれレジャー施設を併設、あるいは周辺に観光スポットが充実しているので、夏休みのお出かけにもオススメだ。

※参加条件や申し込み方法などの詳細は各Webサイトを確認してください

万が一の事故に備えて確認! “サポートサービス”で人気の【自動車保険】

トヨタが鋭意開発中! 新型モビリティ「i-ROAD」魅力は一体なに?

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。