トヨタが鋭意開発中! 新型モビリティ「i-ROAD」魅力は一体なに?


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

トヨタの新型モビリティ「 i-ROAD」 [拡大する]

トヨタの新型モビリティ「 i-ROAD」

 “車のような快適さ”と“バイクのような軽快さ”、双方を併せ持つ小型電気自動車「i-ROAD」の開発を、トヨタ自動車が進めている。“現在の都市に合わせた車を作りたい”という想いから誕生したi-ROADは、幅87センチというコンパクトサイズながら、最大時速60キロで走行可能。現在は2人乗りの実証実験も実施されている。

 最大の特徴は、新感覚のドライブフィーリングだ。ドライバーのハンドル操作に合わせて、左右の前輪が上下に動き、最適な傾きになるよう自動的に車体を制御。これにより、車と一体化したような爽快なドライビングを体験でき、まるでスキー感覚でコーナリングを楽しめるという。

 また、車体が小さいので、乗り回しやすいところもポイント。通常の車の2分の1から4分の1のスペースで駐車可能のため、運転技術に関係なく楽に駐車することもできる。サイズ感や運転の軽快さという意味ではバイクに近いが、屋根がついていてヘルメットは不要、車と同様の乗り心地を味わえるのが大きな魅力だ。

 一回の充電で約50キロまで走行可能だが、リチウムイオン電池搭載の電気自動車であり、CO2排出量を最小におさえている。低炭素社会の実現に貢献する、環境にやさしい近未来的な乗り物としても注目されている。

 なお、同社では、i-ROADの本格的な実用化に向け、特有の知見および技術を持つ企業や一般の生活者と取り組む新たな施策「OPEN ROAD PROJECT」を、昨年7月より東京都内で実施している。すでに新規募集は終了しているが、社内だけでなく、スタートアップ企業や各ドライバーなどとのコラボレーションを通じてブラッシュアップしていく方針だ。実際、車内のアクセサリやボディなどにも外部からの意見を取り入れているという。

 実用化に向けて開発が加速しているi-ROAD。都市生活の移動手段に一石を投じるモビリティになりそうだ。

(オオノ・ヨーコ)

>>車を購入する前に・・・ ドライバーが選ぶ<自動車保険>満足度ランキング

>>ペーパードライバーにおすすめ! 手厚い運転スクール【5選】

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。