「自動車保険料」新割引が登場!? “新車購入”や“買い替え”の前に要チェック!


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

新車購入や買い替え前にチェックしたい! 自動車保険料の“新割引”とは? [拡大する]

新車購入や買い替え前にチェックしたい! 自動車保険料の“新割引”とは?

 衝突回避および事故時の被害軽減などを図る“自動ブレーキ”の搭載車が増えてきた昨今。ドライバーの前方不注意やブレーキ操作のミスなどによって起こりうるトラブルを未然に防ぎ、事故件数が減少するといった効果をもたらしていることから、搭載車は今後、自動車保険料の割引対象になる可能性がある。

 実際、「損害保険各社は、来年1月から自動ブレーキなど先進的な安全装置を搭載した“先進安全自動車(ASV)”の任意保険料を、平均で10%程度割り引く方針で話を進めている」という報道もあった。現在も議論しているとみられ、まだ詳細は発表されていないが、報道の通りになれば年明けにはスタートする。忘れずにチェックしたい。

■期間限定の割引になることも考えられる

 上述の割引は、以前、多くの損害保険会社で採用されていた「エアバッグ割引」や「イモビライザー割引」に似ているところがある。これらは、搭乗者を事故の衝撃から守るエアバッグや盗難を防止するイモビライザー機能の搭載車に対して保険料を割り引く制度だが、ほとんどの車に標準搭載されて以来、廃止とする保険会社が目立つようになった。

 自動ブレーキも、標準搭載となれば割引制度は廃止されるかもしれない。期間限定になる可能性はあるが、せっかくの割引チャンスを逃す手はない。もし、これから車の購入や買い替えを予定しているなら、安全性だけでなく保険料の面も考慮して、自動ブレーキの搭載車に注目してみてはどうだろうか。

文/ロックスター 西田

>>事故時に頼れる保険はどれ? 【自動車保険】満足度ランキング

>>「自動車保険」の補償一覧! 自分に必要な保険がわかる!?

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。