自動車保険料に数万円の差!? 「運転者限定」の仕組みを解説


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

自動車保険では、運転者を限定することで保険料を安くできる。その仕組みとは? [拡大する]

自動車保険では、運転者を限定することで保険料を安くできる。その仕組みとは?

 自動車保険の見積もりを行う過程には、契約車両を運転する人について確認する項目がある。「本人のみ」「家族」「友人や知人」など、誰が運転するかにより保険料が変わるので、しっかり検討したい。

■運転者はどうわけられる?

 自動車保険における運転者は、基本的に次のようにわけられる。

【本人限定】
記名被保険者(主に運転する人)のみに限定する

【夫婦限定】
記名被保険者及びその配偶者に限定する(配偶者の同居や別居は問わない)

【家族限定】
家族に限定する(基本は同居親族のみ ※詳細は後述)

【限定なし】
限定せず、誰でも運転可とする(年齢条件は設定可能)

■各条件による保険料の違い

 上記4つの条件を保険料が安い順に並べると、【本人限定<夫婦限定<家族限定<限定なし】となる。運転する人が多ければ多いほど、事故の発生リスクが大きくなるため、保険料はおのずと高くなるのだ。年齢条件などにもよるが、【本人限定】と【限定なし】では、数万円の差が生じるのが一般的だ。

 そのため、例えば「年に1回程度友人が運転するので、“限定なし”にしている」といった場合、面倒でなければ通常は“限定あり”にしておき、友人が運転する期間のみ“限定なし”にすれば良い。保険会社に申告し、限定を外せば、友人が運転しても保険は有効となる。

 当然、限定なしの間は保険料が追加となるので、友人の運転する期間が終わり次第、再度限定を復活させるのがオススメ。残りの保険期間にもよるが、保険料が返戻される可能性もある。

■家族限定にする際は注意が必要

 【家族限定】は、少しややこしいので注意が必要だ。基本的に同居親族をカバーするが、実際の範囲は以下の通りとなる。

・記名被保険者
・記名被保険者の配偶者
・記名被保険者またはその配偶者と同居の親族
・記名被保険者またはその配偶者と別居の未婚の子

 このように、血縁関係や親等ではなく、同居かどうかが肝となるのだ。極端な例だが、別居して配偶者が実家に帰った場合は、その実家に住んでいる全員の運転が補償されることになる。

 また、「別居の未婚の子」にも注意しよう。一般的に、仕送りを受けている学生などは該当するが、婚姻歴があって現在は未婚といった場合は、外れる保険会社もある。その際は【限定なし】を選択するしかない。万が一のときに、しっかり保険でカバーできるようにしておこう。

(文/西村有樹)

>> 保険見直し前に確認! 「商品内容の充実度」満足度の高い自動車保険ランキング

>>もし高速道路で事故に遭ったら… レッカー車に同乗できる?

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。