夏に “高速道路を使う人”必読! 気をつけるべき「トラブル」と「対策」


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

お盆休みに高速道路を使った移動を考えているなら、事故やトラブルには十分注意しよう [拡大する]

お盆休みに高速道路を使った移動を考えているなら、事故やトラブルには十分注意しよう

 お盆休みを利用して、帰省や旅行の計画を立てている人も多いはず。その際、高速道路を使った移動を考えているなら、運転には十分注意すべきだ。渋滞が発生しやすく、休みの日のみ運転する“休日ドライバー”が増えることもあり、年間の事故件数をみると8月に頻発する傾向があるのだ。

 事故だけでなく、車のトラブルも発生しやすい。JAFによると、昨年のお盆期間の高速道路におけるロードサービス出動件数は4029件にのぼり、ゴールデンウィーク(3001件)や年末年始(2515件)を大きく上回っている。

■夏に起こりやすいトラブルとは?

 気温が高く、車内も高温になる夏は、何より「バッテリー上がり」が起こりやすい。エアコンを使って電力を大量に消費することで、リスクが高まるのだ。風量を控えめにすることを意識しよう。また、ブレーキが過熱すると、効きが悪くなる「フェード現象」「べーパーロック現象」などが起きることもある。渋滞にはまったときや長いくだり坂などでは多用せず、フットブレーキではなくエンジンブレーキを使うといった注意が必要だ。

 そのほか、「タイヤのパンク」にも気をつけたい。特に長距離運転をする際は、こまめに空気圧や傷・偏摩耗などをチェックし、危険を少しでも減らしておこう。冬場に使用したスタッドレスタイヤで走行するドライバーもいるが、実は夏タイヤに比べると熱を持ちやすく、変形しやすい。運転性能が低下して破裂する可能性が高くなるため、履き替えるのがおすすめだ。

■トラブルが起きたら“二次的事故”に注意

 高速道路を走行中、もしトラブルが起きたら、二次的な事故を発生させないことが重要だ。やむを得ず停車してレッカー車などを待つ場合は、車は路肩に止め、発煙筒や停止表示器材を使って危険を知らせる。待機時は車から出て、ガードレールの外側に行き、後続車との接触を避けよう。万が一、バッテリー上がりやパンクなどが起きてしまったときのために、ぜひ覚えておいてほしい。

文/ロックスター 西田

>>「自動車保険」を選ぶなら! オリコン満足度ランキングをチェック

>>夏の「運転焼け」には要注意! 有害な紫外線をカットする“対策”を紹介

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。