高速道路で逆走に遭遇したら!? 起きやすい場所と対処法


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

危険な高速道路の逆走、起きやすい場所と遭遇した時の対処法とは? [拡大する]

危険な高速道路の逆走、起きやすい場所と遭遇した時の対処法とは?

 ゴールデンウィーク中は、旅行などで高速道路を利用する人がいつもより多い。スピードを出して走行していたとき、ふいに逆走する車と遭遇したらどうしたらよいのだろうか。逆走の起きやすい場所や遭遇したときの対処法、未然に防ぐ方法を紹介する。

■原因のひとつは「確認不足」

 NEXCO東日本によると、高速道路で発生した逆走の約半数は、インターチェンジやジャンクションで起きている。事故に限定すると、特に夜間に多く発生しており、その原因のひとつが、標識や路面表示の“確認不足”なのだとか。

 高速道路は、基本的に指定された方向にしか走行できない仕組みとなっている。だが、標識や路面表示を確認せず進んだ結果、逆走となったケースや、目的の出口を間違えたなどを理由にUターンをするドライバーがいるという。ほかにも、料金所に入ったのに出口側のレーンに進んでしまったり、サービスエリア・パーキングエリアから本線へ戻るときに、出口ではなく再び入り口方向に行ってしまうなど、進行方向を間違えてしまうケースも多い。

■逆走車に遭遇したときの対処法

 逆走車がいる場合は、電光掲示板やハイウェイラジオなどに情報が流れる。NEXCO東日本では、もし情報を得た場合は、減速して十分な車間距離をとったうえで、通行帯の最も左側の車線を走行して欲しいと呼びかける。

 また、高速道路上で前方に逆走車を発見した場合、お互いの速度が速く、近づくまでの時間が短いため、瞬時の対応が必要となるが、前方の大型車に隠れてしまい、確認が遅れるケースもある。遭遇したら、路肩など安全な場所に停車するなどで、衝突を避けるようにしよう。ちなみに、追い越しを終えたら、速やかに走行車線に戻らなくてはならないことは道路交通法にも定められているが、逆走車は追越車線を走行する傾向にあるので、正しい行動をすることにより、衝突対策にもなる。

 なお、逆走車を発見した場合は、携帯電話から「110番」するか、24時間通話無料で道路管理者につながる道路緊急ダイヤル「#9910」に通報しよう。

■自分が逆走するのを未然に防ぐには

 自分が逆走しないようにするには、標識や路面表示の進行方向を必ず確認することが基本だ。もし降りる予定だったインターチェンジを通り過ぎてしまった場合も、バック走行やUターンは非常に危険なので絶対に行わず、次のインターチェンジで降りよう。

 NEXCO東日本の防止対策としては、間違えた方向へ進まないようにラバーポールを設置したり、逆走車を感知したときに逆走していることを本人に気付かせる発光表示板を置いたりするなどの対処をしている。ほかにも、進行方向を示す大きな矢印の路面表示や、「こちらへは進めません」などと書かれた進入禁止の標識などで注意喚起を行っている。

 逆走は最悪な場合、大きな死傷事故につながる。遭遇したときに、素早く正しい判断で対応できるように、普段から正しい姿勢で運転することにも心がけよう。

>>【最新版】 事故時に役立つ「自動車保険」満足度ランキング

>>「10キロ渋滞」ってどういう意味? GWの渋滞予想も紹介

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。