運転中に踏切で立往生したら? 過去の事故事例を紹介

踏切で立ち往生していると、大事故につながる可能性も……。実際に起きた事例を紹介 [拡大する]

踏切で立ち往生していると、大事故につながる可能性も……。実際に起きた事例を紹介

 車で踏切を渡っている途中で警報機が鳴り始め、慌てた経験のあるドライバーもいるだろう。踏切は、無事に渡りきれれば問題ないが、車の故障などトラブルが起きる可能性もゼロではない。だからといって立ち往生していると、電車と衝突、大事故へと発展しかねない。実際に起きた事例があるので紹介しよう。

<事故内容>
 トラックが歩行者専用通路のない踏切に差し掛かった。すると、前方から歩行者が多数進入してきたので徐行運転をしたところ、渡りきる前に遮断機が下りてきたため、降車して踏切の警報ボタンを押した。だが、間に合わず、右後方と電車の右前方が衝突。トラックの荷台が中破し、電車が30分間止まった。

<事故原因>
 この事故が起きた原因として考えられるのは、まず事故現場となった踏切に歩行者専用の通路がなかったこと。そして、トラック運転者による周囲の交通環境に対する状況把握が欠けていたことが考えられる。前方から多数の歩行者が進入してくると予測できていれば、踏切の手前で停止し、歩行者が渡りきるのを待つこともできただろう。

 この事故では、電車が30分間停止し、自車が損傷している。このとき役立つのは「車両保険」だ。ただし、もし電車に損傷があった場合、損害賠償金は高額になることが多いため、あらかじめ「対物賠償保険」の補償内容なども吟味して加入しておきたいところだ。

参照:国土交通省 関東運輸局HP

>> 【最新版】ドライバー2万6178人が選ぶ! 「自動車保険」満足度ランキング

>> <そのほかの事例>車と電車の“踏切事故” 高額賠償危機の事例とは?


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。