当日慌てないための計画的な引越し準備

  • 引越し先が決まったら、早めの準備を!

    引越し先が決まったら、早めの準備を!

 初めての引越しはどんな人でも戸惑うものです。まずは部屋探しをして日取りを決め、荷造りは徐々にするとしても、インフラの手配や引越し業者はいつどうすれば? 転居届っていつ出すの? 何となく想像する以上にやるべきことは多く、手続き漏れは引越し後の生活に影響することもあります。

 そつなく成功させるためには計画的な準備を欠かすことはできません。

引越し前にやるべきこととは?

 引越し先が決まったら、まずは日取りと当日までの段取りを検討します。日常生活の合間に各種手続きを行い、荷造りをして不用品の処分や引越し業者選びもしなくてはいけません。少なくとも1ヶ月ほどは準備期間を取っておくといいでしょう。

 当日までにするべきことを時期と項目ごとに整理し、随時確認できるよう計画表として残しておけば、当日までのスケジュール管理にも便利です。

 人ひとりの生活拠点を移す作業ですから、引越しを単独で行うというのは少々骨が折れます。一般的には引越し業者や家族・友人にお手伝いを頼むことになりますが、そんな時に本人の準備が不足していれば協力してくれる人にも迷惑がかかるのです。引越し前には早めに計画的な段取りを立て、万全の状態でゆとりある当日を迎えてください。

余裕を持っておくことが大事

 明確な計画とスケジュールが決まっていないと、引越し当日が近付くにつれてどんどん焦りが募っていきます。荷造りや不用品の処分はいつでもできるようでいて、やはり時間のかかるものです。役所の手続きは受付可能な曜日や時間が限られているため、終日仕事に追われているとなかなか届けが出せません。

 役所と生活インフラ、賃貸であればオーナーや管理会社への連絡のほか郵便局や警察署への申請もあり、個別に定期購入しているものや各種登録先へも変更手続きが必要です。
引越し後で良いというものもあれば、必ず当日までにやるべきことも多く、引越しまでの日数が少なくなればなるほど気持ちも焦ってしまうでしょう。そのようなことにならないためにも、早めの準備と計画的なスケジュール管理で余裕を持っておくことが大切です。
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について