水没車・冠水車の買取

  • 水没車の買取

 ゲリラ豪雨や台風、洪水などの水害によって自動車が水没してしまうことがあるかもしれません。水没してしまった車は売ることができるのでしょうか、また、水没車は買い取り査定では、どのような評価になるのでしょうか。
 ここでは水没車と冠水車についてどこまでなら買い取ってもらうことができるのか、ご紹介したいと思います。

水没車・冠水車とは

 集中豪雨やゲリラ豪雨、台風、洪水など水害が相次いでいる昨今。このような水害によって影響を受けるのは家だけではありません。車も水に浸かって冠水や水没してしまうことがあります。

 水没してしまった車のことを自動車販売店では「水没車」や「冠水車」と呼びます。車はある程度の浸水や冠水に耐えられるように設計されていますが、エンジン回りの電気系統に水が入ってしまうとエンジンが故障するおそれがあります。また、浸水した後の車はフロアカーペットのカビやシートベルトのシミの原因になったり、車内に異臭を漂わせたり、エンジン・マフラーの内部が腐食したりします。

水没車・冠水車は売却できるのか

 自分の車が水没車・冠水車 になってしまったら、すぐに廃車にするのではなく。考えてもらいたいのが水没車・冠水車の売却です。水没した部品を取り替えることで動く可能性があるなら買い取ってもらうことができます。ダメージの軽い水没車・冠水車は事故車や修復歴車とほぼ同じ扱いを受けます。買い取りしてもらえば車のダメージによっては高額査定も期待できるだけでなく、たとえ額が低くても、新しい車を購入する資金になるかもしれません。

 全く動かない車でも自動車リサイクル法によって売却することが可能です。自動車リサイクル法に従って、解体、部品を取り外した上で中古部品として売られます。そのため、「水没車でも買い取ります」という専門業者もあります。

一方で、水没車かどうかはプロである査定士でも判断を迷うものといいます。査定はダメージの度合いによって決定されますが、一般的には浸水の度合いが基準になっているようです。タイヤの半分以上を超えた水深(30cm程度)を超えると電気系統のトラブルを起こす可能性があり、水深がドアの半分の高さまで来るとエンジンだけでなく車全体のダメージが懸念されるといいます。

 水没車とは、いわば水に浸かっただけで見た目はごく普通の車です。買い取り業者は水没車を買い取り整備して販売しますが、主な販売先は海外です。アジアやアフリカなどの中古車市場では、性能の良い日本車が安く購入できるということで、非常に人気が高まっています。特にロシアは、日本の水没車を「ミズノクルマ」と呼び、需要が高いようです。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。