キズのある車の売却方法について

  • キズのある車の売却方法について

 車の査定金額は、市場の需要と供給はもちろん、車の状態や走行距離、キズ、ニオイなど様々な点を参考に算出されます。売る側として、特に気になるのが車体の「キズ」ではないでしょうか。修理しておくべきか、それともそのままにしたほうがいいのか迷う人も多いと思います。キズがある車の売却方法について紹介します。

キズは査定に大きく響く

 車の査定で最も評価に響くポイントの1つが車体の「キズ」です。人気の車種であっても目立つキズがあれば査定額は下がる可能性があります。ボディはもちろん、バンパーについた小さなキズも買い取りの金額に影響します。だからといって、キズを直せばよいというものでもありません。確かにキズを修復することで査定額はアップするかもしれませんが、修理やメンテナンスにかけた費用以上のリターンがあるとは言い切れません。
 買い取り業者には、自社の修理工場を持っていたり、特定の修理工場と提携していることが多いため、個人が依頼するよりもずっと安い値段でキズを修復することができます。せっかく修理におカネをかけたのに、プラスされた金額がその半分にも満たなかったということもありえます。では、車にキズがあっても、直さないほうが良いのでしょうか?

キズの放置はNG

 中古車査定のポイントは多岐にわたりますが、最終的に買い取り価格を決めるのは人です。車内にゴミが落ちているような車と、キレイに掃除された車があり、その他の条件が一緒だった場合、ほとんどの査定士は後者の方に高い値段を付けます。高額査定を出すコツは「買いたい」と思える車にすることです。キズも同じで、キズを放置している車と、修繕している車では、圧倒的に後者のほうが見た目も印象も良くなります。修理業者に頼まなければならないようなキズや凹みは無理でも、小さなキズならば個人でも修繕可能です。

小さなキズは直す、大きなキズはそのまま

 買い取り価格をアップさせるためにも小さなキズは自分で直してしまいましょう。車用品の中には、キズを目立たなくするペンやスプレーがあり、細かい線キズや引っかきキズ程度ならば修繕することができます。たとえ修繕したとしても、プロの査定士はキズを見抜いてしまいますが、見抜いてくれるからこそ、大切に使っていることをアピールできます。修繕したポイントなどをあらかじめ伝えておくことで、好印象を与えられるので、査定の際は自分から話すようにしましょう。隠しても良いことはありません。一方、自分で直せないような大きなキズがある場合は、そのままにしましょう。修理業者に依頼したとしても、その費用以上の金額が査定に上乗せされるとは限らないからです。

 キズは車査定に影響するポイントですが、中古車である以上は少なからずキズがあるものです。査定士もそれは知っており、走行に問題が生じるような大きな故障でなければ、適切な値段を提示してくれるはずです。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。