車売却時の必要書類や必要な手続きは?

  • 車売却時の必要書類や必要な手続きは?

 車の売却時には自動車検査証をはじめ、様々な書類が必要です。新しい車に乗り換える場合には、車両入替を、買い換えない場合は保険の解約などの手続きも行います。必要書類が欠けていると売却ができません。買い取りに必要な書類・手続きを知っておくことで、スムーズに車を売ることができます。

名義変更

 車を売る時には、必ず「名義変更」を行います。名義変更を行わないと所有者は変わらないため、車の新しい購入者が事故を起こしたり、違反切符を切られた場合、前の所有者が罰せられることになってしまいます。また、購入者も保険に入れなかったり、売却ができなくなります。元の所有者にとっても、新しい所有者にとってもデメリットになるため、名義変更は早めに行うようにしましょう。

売却・名義変更で必要な書類

 車の売却・名義変更の時に必要な書類をまとめました。ディーラーに売却する場合は手続きを代行してくれますが、必要な書類は売却する側が用意する必要があります。

(1)自動車検査証
自動車の所有者や使用者を証明する書類で、自動車保安基準に適合していることを示す公文書です。運転免許証と同様に、運転時の携帯が義務付けられています。

(2)自賠責保険証明書
自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)に加入していることを証明する書類です。自動車検査証と同じく、運転時には携帯が義務付けられています。紛失してしまった場合は、契約している自動車保険の会社に連絡して再交付の手続きをしてください。

(3)自動車税納税証明書
自動車税の支払いが正しく行われていることを証明する書類です。有効期限が切れていないかどうか確かめましょう。紛失してしまった場合は各都道府県の税事務所で再交付してもらえます。

(4)実印・印鑑登録証明書
車の売却時には実印が必要になります。同時に印鑑登録証明書も用意しましょう。

(5)譲渡証明書
名義変更の際に必要な書類です。基本的には買い取り業者やディーラーが用意してくれます。

(6)リサイクル券
リサイクル券(預託証明書)とは、リサイクル料金の支払いを証明する書類で、A券〜D券で構成されています。紛失した場合は自動車リサイクルシステムトップページから「自動車ユーザー向リサイクル料金検索」の「リサイクル料金の預託状況」を印刷して提示しましょう。

(7)金融機関の口座番号
売却代金を振り込む金融機関の口座番号をメモしておきましょう。

(8)住民票・戸籍謄本
引っ越しなどで、自動車検査証や印鑑登録証明書と住所の表記が異なる場合は「住民票」、結婚などで姓名が変わった場合は「戸籍謄本」を用意しましょう。

 各都道府県や店舗によっては車売却時の必要書類が異なる場合があるので、あらかじめ店舗に問い合わせておくとトラブルが少なくなります。必要書類ではありませんが「取り扱い説明書」や「メンテナンスノート」があれば、買い取り価格がプラスになる可能性があります。できれば査定時に用意しておきましょう。

「車両入替」はお早めに

 車を新しく買い替える場合には、「車両入替」という手続きを行います。保険の対象を変更するための手続きで、車両入替を行わないで事故を起こした場合、その車は保証対象外になってしまいます。保険会社に連絡をすれば、すぐに対応してもらえます。車両入替は納車前に行うことができます。万が一の事態に備えるためにも、なるべく早く手続きを済ませましょう。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。