みんな知ってる?車の「下取り」と「買取」の違い

  • みんな知ってる?車の「下取り」と「買取」の違い

 新しい車を購入するとき、今持っている車を「下取り」で出せばいいのか「買取」で出した方がお得なのか考える人も多いと思います。知っているようで知らない、「買取」と「下取り」の違いをご説明させていただきます。

「下取り」と「買取」の違い

 まずはそれぞれの意味を簡単にご説明します。

下取り=車を買い換える際、車を購入する販売店で売って、購入する車の代金の一部として充てること

買取=買取業者などに車を売って現金を得ること

 下取りの場合は車を買い取られるところまでは同じなのですが、買取は現金を手にすることができますが下取りは当然できません。現金を手にしない分、その下取り金額分を新しく購入する車の代金が引かれることになります。
 今持っている車を処分して新しく車を買う予定がないのでしたら「買取」になりますし、新しい車を買う場合は「買取」と「下取り」から選ぶことになります。どちらがお得になるかは車種やオプション・パーツによって変わってきますので一度査定に出してみるといいでしょう。

「下取り」と「買取」のメリット・デメリット

【下取りのメリット】
・新しく車を買う際、値引きできない分を下取りすることで補填することができます
・売買を一店舗ですますことができますので時間効率や書類手続きが一番少なくすみます
・購入する車の納期が遅いときは下取り時期を延ばしてもらえます
【下取りのデメリット】
・他の買取店で高い査定額がついても購入するお店で下取り額をその金額まで上げてくれることはほとんどありません
・中古車専門店に比べると安く査定されてしまう場合があります

【買取のメリット】
・査定を行ってもらい、複数の店舗から一番高く買い取ってくれるお店を選ぶことができます
・知識がある方はインターネットや友人間で売ることも可能です
【買取のデメリット】
・新しい車を買う場合、タイミングを合わすことが難しくなります
・書類手続きが下取りに比べて多くなるので手間と時間がかかります

「下取り」と「買取」のどちらがお得?

 下取りと買取の違いも分かり、メリットとデメリットを知ることができました。次は「結局お得なのはどっち?」という疑問に対して3つのポイントを紹介します。

・どこのメーカーに出すかで大きく変わる
 例えば、トヨタ社メーカーの車を下取りするのならトヨタ車を取り扱っているお店にすると中古車専門と同じかそれ以上の値段をつけてくれる場合があります。
・流通経路を持っているかどうか
 全国に支店をもつお店は流通経路も大きいので高く買取ってくれる可能性があります
・社外品パーツの有無
 購入時に搭載されていたメーカー純正のパーツではなく、あとから好みでつけたパーツのことです。こちらは下取り業者の場合は査定対象外となり、買取業者は高く買い取ってくれる可能性があります

 同じ車種でも購入時期やパーツの有無、走行距離によって販売店それぞれ違いがあります。
できるだけ多くのお店で査定を行ってもらった方がいいのですが、時間は限られていると思いますので今回ご紹介したポイントを思い出して「下取り」か「買取」を選ぶようにしてください。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。