熊本地震に伴う「特別措置」 【損害保険】の概要解説


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

14日に発生した熊本地震の特別措置の概要を解説(写真はイメージ) [拡大する]

14日に発生した熊本地震の特別措置の概要を解説(写真はイメージ)

 損害保険会社の事業者団体「一般社団法人 日本損害保険協会」は、14日に発生した熊本地震により災害救助法が適用された地域で被害を受けた場合、会員会社における自動車保険、火災保険、傷害保険などの各種損害保険について特別措置を実施するとしている。

<措置内容>
■継続契約の締結手続きについて、最長6ヶ月間(2016年10月末日まで)猶予できるものとする。

■保険料の払い込みについて、最長6ヶ月間(2016年10月末日まで)猶予できるものとする。

 また、自賠責保険については、道路運送車両法第61条の2に基づき、自動車検査証の有効期間が伸長された地域(熊本県全域と大分県別府市、日田市、竹田市、豊後大野市、由布市、玖珠郡九重町、玖珠郡玖珠町)に使用の本拠を有する車両について、次の措置を実施する。

■継続契約の締結手続きについて、最長1ヶ月間(2016年5月15日まで)猶予できるものとする。

■保険料の払い込みについて、最長6ヶ月間(2016年10月末日まで)猶予できるものとする。

 詳しくは、契約している損害保険会社または代理店に相談を。もし、家屋の消失などにより保険契約に関する手がかりを失ってしまった場合は、「自然災害損保契約照会センター」で照会可能だが、原則として被災した本人、本人の親族(配偶者、親、子、兄弟姉妹)からに限る。

※掲載されている情報は2016年4月26日現在のもの

>> ドライバー2万6178人が選ぶ 満足度の高い「自動車保険」1位は…

>> 「物損事故」時のベストな対処法は? 解決までの道のりを紹介

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。