【自賠責保険】未加入だとどうなる? 厳しい罰則の中身も紹介!


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

すべての自動車は「自賠責保険」に加入していないと運転することができない [拡大する]

すべての自動車は「自賠責保険」に加入していないと運転することができない

 車を買う、譲り受けるなどして車両を所有すると、車検を受けることになる。その際、同期間の自賠責保険に加入している必要があることはご存知だろう。

 車検だけを通すというのはルール上選択できないので、公道を走るすべての車両は自賠責保険に加入しているはずだが、なかには車検切れの車があるのも事実。その場合は自賠責保険の期間も切れてしまっているので、無保険状態で走行していることになり、厳しい罰則を科せられる。

■未加入による罰則の内容

 自賠責保険は、自動車損害賠償保障法によって加入が義務づけられている強制保険だ。もし未加入であれば、以下の通り法律によって罰せられることになる。

・1年以下の懲役または50万円以下の罰金
・違反点数6点(免許停止処分)

 なお、自賠責保険の有効期間内であっても、証明書を備えずに運転すれば「30万円以下の罰金」というペナルティが科せられる。

■自賠責保険の存在意義

 こう見ると、厳しい罰則があるから加入すべきと考えがちだが、本当の意義は違うところにある。

 自賠責保険は、自動車で他人にケガを負わせる、死亡させるなどした場合に、賠償金を補償してくれる。補償範囲は【死亡時3000万円、後遺障害時4000万円(最大)、傷害 120万円(同)】だ。

 この金額には、治療関係費、葬儀費、逸失利益、慰謝料などが含まれているが、事故の損害は事前に予測できるものではない。万が一、死亡ということになれば、この補償額では到底及ばない賠償金が発生するだろう。

 そこで、任意保険への加入が必要となる。任意保険では、対人賠償は無制限を選ぶことができ、万一の事態に備えられるからだ。

 「自賠責保険に加入せずとも、任意保険ですべてカバーできるのでは?」と考える人もいるかもしれない。だが、任意保険はあくまで自賠責保険の不足分をカバーするもの。例えば、被害者死亡により損害額1億円となった場合、自賠責保険から3000万円、任意保険から7000万円が保険金として支払われる。もし自賠責保険に未加入だとしたら、3000万円は加害者が自分で負担しなくてはならないのだ。

 以上のことから、車両を所有しているのであれば自賠責保険への加入は必須であることがわかるだろう。あわせて、加入期間もしっかり確認しておくべきだ。

(文/西村有樹)

>> 万が一の事故に備えて! 商品内容の充実度で選ばれた【自動車保険】

>> 【自賠責保険】だけで補償は十分? 基礎から紐解く「任意保険」の必要性

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。