【自動車保険】無保険になることも!? 満期を迎える際の3つの注意点

満期が近づいているドライバーは必見! 更新手続きを忘れてしまうと起こり得るのは……?  [拡大する]

満期が近づいているドライバーは必見! 更新手続きを忘れてしまうと起こり得るのは……? 

 契約期間の終了を指す“満期”。自動車保険では1年契約が多いため、保険開始日の1年後が満期日となるケースが多い。その際、もし更新手続きを忘れてしまうと、自動的に解約となってしまったり、等級が引き継げなくなってしまうことがある。満期が近づいているドライバーは、以下3つの注意点を頭に入れておいてほしい。

【1】満期を迎えるのは「午後4時」 それまでに保険を使うと等級がダウン

 自動車保険の契約が満期を迎える時刻は、「満期日の午後4時」としている保険会社が多い。それまでに事故を起こして補償を受けると、更新の際に等級が下がってしまうことを覚えておこう。

【2】満期日を過ぎると自動的に解約!

 自動車保険は、「自動継続特約」の付帯ケースを除き、満期日を過ぎると自動的に解約される。保険会社からは事前に更新に関する通知が届くため、指定期日までに手続きすることを忘れずに。

【3】期限は1週間! 更新手続きを忘れると等級は引き継げない

 更新手続きをしないまま満期日が過ぎてしまった場合、7日以上経つと等級を引き継ぐことができない。例え高い等級でもリセットされ、6(S)からスタートとなってしまうため注意しよう。ただし、6等級以下の場合は、13ヶ月間引き継がれるルールとなっている。

 現在、新規契約のほか、継続契約においても1万円近い割引が適用される「インターネット割引」を実施している保険会社もある。手続きはネットで手軽に済ませるのもおすすめだ。

※保険会社によって様々なケースがあるため、必ずしも上記に該当するものではない。

■大切な「手続き」・・・満足度が高い保険会社は?
【ランキング】「保険加入手続き」容易さ・早さ


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。